子供の数について話し合おう

結婚後に話し合うともめることがあります。それは子供を何人作るのかという事です。結婚前に話し合いを進めるべきでしょう。

13

子供ですが、最近では様々な夫婦の考え方もあります。一昔前は、結婚をしたら子供を作るという事も実際に多くありました。しかし、最近では大きな変化も生まれてきているわけです。子供を作らないという選択肢もあります。

子供作る場合でも、作らない場合でも夫婦間の意思を結婚前に統一しておきましょう。もちろん、結婚前の予定通りに進むという保証はどこにもありません。しかし、基本的な考え方は統一しておくべきです。

子供を作るのか作らないのか

計画性が大事!
最初に話し合う事は、家族を増やすのか増やさないのかという事です。人数も考えなければいけません。しかし、まずは、作るか作らないかが特に重要な存在になるわけです。作るケースと作らないケースでは生活にも大きな変化が出てきます。

作る場合には、保険サービスも考えておく必要があります。最近では学資保険なども、妊娠中に入れるようになります。少しでも早く加入すれば、月々の支払いもかなり少なくなるわけです。作るという事を想定しておけば、行動も早くできるでしょう。

人数について

子供を作ると決定したら、1人にするのか2人にするのか、それとも3人にするのかを決定する必要があります。例えば1人と3人では大きな違いがあります。貯蓄の額なども考え方が違ってきます。

さらに、どのくらいのスパンで2人目3人目を計画するのかも話し合う必要があります。将来的に、勉強にかかる費用というものもあります。同時に学校に入学するようなスパンで子供を作ると生活が厳しくなることもあるので、やはり話し合いが必要です。

自分の負担も考える

特に女性は、妊娠と出産は身体的にもつらいものになります。高齢出産は避けなければいけないと考えているでしょう。最近では40代でも妊娠と出産は出来ますが、計画通りにお子さんを作れない事もあります。

自分の身体の事も考えまして、お子さんを作る時期を話し合いましょう。結婚する年齢から考えまして、「何歳までに」という事を決めておくのもおすすめになると思います。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ