壁掛けカレンダーで家計管理!家計簿が続かない人への処方箋

家計簿が続かないのには、理由があります。「市販の家計簿が合わないから」「忙しくて時間が無いから」でも、主な理由はこれではありませんか?

「面倒くさいから」

そう、家計簿を書くのは面倒くさいんです。ノートをとペンと電卓を取り出す動作。パソコンを開く、スマホのアプリを開く動作。この些細な手間が面倒になって家計簿が続かない人も多いんです。そこで、今回は「壁掛けカレンダー」を使った家計管理を紹介したいと思います!
1.壁掛けカレンダーで家計管理!家計簿が続かない人への処方箋

シンプルな壁掛けカレンダーを用意しよう!

カレンダーに、日々の収支を記入してみましょう。

 

 その日の支出を書く
こまごまと書く必要はないので、

スーパー  ○○円
ドラッグストア ○○円

のように、レシートに記載されている金額だけ書きます。もしくは、その合計額だけを書いておいても良いでしょう。

 

 残高を書く
生活費は予算を決めている人も多いと思いますので、予算の残高を記入しておきます。単純に、財布の中身を数えてその残高を記録するだけです。支出だけ書いて月末に集計する、というのでも良いですし、残高だけ書いておく場合は集計しなくても、残高がマイナスにならないようにやりくりすればOKです。

カレンダーを使うことで振り返りがしやすくなります

カレンダーには普通、予定を書き込みますよね。そこに、家計簿もつけてしまえば、後から見たときに「この日は遊園地に行ったけどお金使いすぎね」というようなことが分かりやすくなります。

カレンダーなら手間が少ないです

壁掛けカレンダーの場合はノートをわざわざ取り出すのと違って手間がありません。冷蔵庫にカレンダーを取り付けて、マグネット式のペンも一緒に取り付けておけばほとんど手間なく記録することができます。

また、収納する手間もなく、料理をしながらなど「スキマ時間」を活用して家計管理ができるので、忙しい人でもやりやすいのではないでしょうか?

以上、この方法なら続きやすい人も多いので、ぜひ試してみてくださいね!


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ