結婚前には事についても話し合うべき

夫婦で共働きという事も多くなりました。そこで結婚前に話し合うことの一つに、仕事というものも考えなければいけません。

仕事が結婚生活に与える影響は思った以上に大きなものになります。生活費というものも関係しますし、住まいというものまで関連してくることもあります。あまり簡単に考えられるものではありません。

実際に、仕事という事で離婚に発展してしまう事もあります。以前紹介した、離婚についても離婚が多いと述べました(結婚前のカップルが話をすべき事~異性の友達編~)。しかし、仕事も多いです。こちらは生活に直結するという意味合いもあります。

将来の転職について

将来の予定は誰しも分かりませんが、生活が激変する可能性があるのが転職です。転職をすれば、給料も大幅に変わるかもしれません。住まいを変えなければいけない事もあるわけです。ですから、転職をする予定なのかを話し合うことが重要です。

仮に何も話し合わないで、結婚後に転職となれば、結婚生活の予定が大幅に変化してくることもあります。思いつきで転職されてしまってはたまりません。もちろん将来の事はなかなか予測できませんが、お話をしっかりとしておきましょう。

転勤の有無について

住まいに関連することですが、職場によっては転勤が多いという事も考えられます。転勤があるという事は、済を変える可能性があります。転勤については二つの考え方がありますので、少しチェックしてみましょう。

引越しをするケース

転勤があるという場合には、引越しをする可能性があります。ですので、最初から話し合っておけば、家は買わずに賃貸で暮らすという事が出来ます。賃貸でしたら、引越しについては特に問題が出てこないわけです。

単身赴任するケース
転勤については、それほど長くないケースもあります。そういった職場に勤めている場合では、単身赴任する事が出来ます。単身赴任ですむのなら、引越しをするよりもかなり負担が少ないです。奥さんは付いていかないで済むわけです。

12


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ