これって外すべき?医療保険の「先進医療特約」とは

生命保険というのは、メインとなる「主契約」と、オプションとしての「特約」から成り立っています。しかも特約の種類は非常に多く、「特約が多すぎてよくわからない!」とい人も珍しくありません。

 また、一般的には「ごちゃごちゃと特約を付けるのは良くない」と言われています。特約を付けていなくても必要最低限の保障は確保できますし、特約が多いほど保険料もかさみますから当然ですよね。では、医療保険に付加されている「先進医療特約」はどうでしょうか?
2.これって外すべき?医療保険の「先進医療特約」とは

先進医療とは「保険がきかない治療」

日本では、病院で治療を受けても全額負担する必要はありません。支払うのは3割だけで、あとは加入している健康保険から負担されています。

でも、がんなどの治療の一部は保険がききません。保険がきかないので、当然「高額療養費」の対象にもなりません。これが「先進医療」と呼ばれるものです。

厚生労働省には認められた治療法ではあるものの、まだ健康保険の対象にはなっていない治療のことです。

先進医療にはいくらかかる?

先進医療にはたくさんの種類があり、かかる費用もピンキリです。がんだけでなく白内障の治療に関するものなどもありますし、安いものなら数万円です。数万円なら家計から出せない額ではありませんよね。ただ、高いものになると1回数百万円にのぼる治療もあり、この場合は誰でもポンと出せるというわけではありません。

先進医療特約で先進医療の治療費をカバーできる

そこで役立つのが先進医療特約です。保険会社によっても違いますが、たとえば「通算1000万円まで」などと上限金額が決まっていて、その金額に達するまでは何度でもこの特約を利用することができます。

先進医療特約をつけておくことによって、高額な費用がかかる先進医療を受けることができるので、ぜひ加入しておくようにしましょう。先進医療特約の保険料自体は非常に安く、100~200円程度で付加できますから、付加しておくのがおすすめですよ。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ