家計簿はつける?つけない?自分に向いている家計管理の方法とは

家計管理と言えば、家計簿をつけること!ですよね?でも、家計簿をつけた方がいいのかどうかは人によっても違います。

1.家計簿はつける?つけない?自分に向いている家計管理の方法とは

家計簿をつけた方がいいのか?家計簿以外にはどのような家計管理法があるのか?詳しくみていきましょう。

家計簿をつける

◎ノートタイプの家計簿
・既製品を使う
・普通のノートに自分で項目を作って使う

◎パソコンの家計簿
・家計簿アプリを使う
・エクセル家計簿をダウンロードして使う
・エクセルで手作りする

◎スマホの家計簿
・家計簿アプリを使う
・メモ帳機能を使う

家計簿と言っても、昔ながらのノートに書き込む方法もあれば、パソコンやスマホで管理する方法もあります。パソコンとスマホを同期してどちらからも入力・閲覧ができるようにしておくのも良いアイデアですね。

机に向かうこと、字を書くことが好きな人はノートタイプが向いています。スマホやパソコンをよく使う人はどちらかを選ぶと良いです。また、自分でカスタマイズしたい人は手作りで、わざわざ手作りするのは面倒という人は既製品を使うと良いでしょう。

家計簿以外の家計管理

◎カレンダーを活用する
・その日使った金額を記入していく
・カレンダーにその日の残高だけ記入する

◎袋分けをする
・「食費」「日用品」と項目ごとに予算を決めて、そのお金でやりくりする
・「1週目」「2週目」と分けて予算を決めて、そのお金でやりくりする

◎クレジットカードを使う
・クレジットカードの利用明細を家計簿代わりにする

◎電子マネーを使う
・あらかじめ決めた予算のみ入金し、その範囲でやりくりする

カレンダーを活用する方法は、「家計簿は続かないけど記録はしておきたい」という人に向いています。袋分けになると使ったお金を記録する必要がなくなるので楽に続けられます。週ごとの袋分けの方がより負担が少ないです。

クレジットカードや電子マネーの場合は使えるお店が限られてしまうのがネックですが、普段買い物する店が対応しているなら楽に家計管理ができます。

自分に向いている家計管理の方法を見つけるには

今までに家計簿にチャレンジして続かなかった、という人は、そもそも家計簿をつけることが向いていない可能性が高いです。無理に続けようとしてもストレスが溜まるので、他の方法を模索した方が良いでしょう。

家計簿以外の家計管理
カレンダー → 袋分け → クレジットカード or 電子マネーの順で易しくなります。一つずつ試してみて、自分がよりやりやすいと思ったものを続けてみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ