はじめが肝心!?ママ友と話し合っておきたいこと

幼稚園に入園したとき、小学校に入学したとき。子どもにとっても新しい友達ができるチャンスですが、ママにとっても「新しいママ友を作るチャンス」だと言えます。
8.はじめが肝心!?ママ友と話し合っておきたいこと
でも、環境が違えば常識も違います。児童館でのママ友付き合いが幼稚園でも通用するとは限りません。幼稚園でのママ友付き合いと小学校のママ友付き合いでは様子が違うこともあります。ですから、ぜひはじめにママ友とこんな話をしておきましょう。

子どものしつけに関する話

小学生の場合、例えば「遊ぶのは夕方5時まで」という家もあれば、「うちは6時半までOK」というような家もあります。特に学童クラブに行っているような子どもの場合は、帰宅後さらに遊ぼうと思えば遅くなる傾向があります。

このような場合、もし子どもに「どうしてうちは5時までしか遊んじゃいけないの?」なんて聞かれる可能性もありますよね。親としては、子どもにきちんと説明するための理由を考えておきたいものです。
ですから、ママ友ができたときにはあらかじめ話し合っておくのがおすすめです。遊ぶ時間については家庭によって考え方が異なるので、自分の意見を押し付けるのではなく「うちは○時までという約束なのでよろしくお願いします」という程度にしておきましょう。

他にも、「休日は何時から遊べるか」とか、寝る時間など、家庭によって違いがあることに関しては意見交換をするのも良いですね。

最低限の情報は自分から話す

子ども同士を遊ばせるときには、お互いの家の都合を合わせる必要があります。「うちはいつでも大丈夫~」というのであれば良いのですが、家庭によっては「月に1回は週末義実家に泊まりに行く」などの予定がある人もいますし、「○曜日は夫の帰宅が早いから遊びにこないでほしい」といった事情があるものです。

そういった事情がある場合は、はじめから話しておくのがおすすめです。特に理由を言わずに断るようなことが多いと「嫌われているのかも?」と思われてしまう可能性もあるので、話しても問題ない事情に関しては先に話しておくようにしましょうね。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ