ママ友トラブルに発展しやすい話~仕事編~

ママ友というのは、小さなコミュニティです。自分がイヤだからと言って簡単に抜けられるものではありませんから、ママ友との関係は深くなりすぎないように、ほどほどの付き合いにしておくことがとても大切です。
5.ママ友トラブルに発展しやすい話~仕事編~

ネットワークビジネスの温床になっていることも

ママ友の中には、ネットワークビジネスをしている人もいるかもしれません。

それ自体に違法性はなくても、強引な勧誘をしていたり詐欺まがいのことをしているようなこともあります。あまり関わりたくないと思っている人も多いのではないでしょうか。

「誰でもできる」「ママ友に勧めていくだけで稼げる」なんてことを言われたりもしますが、本当に自分が良いと思わない限りは手を出さないようにしましょう。「断れないから」と引き受けてしまうと、余計にやめにくくなってしまいます。強引に勧誘してくるような人の場合は、きっぱり断って付き合い自体も距離を置いた方が良いと思いますよ。

保険の勧誘場所になっていることも

いわゆる「保険のセールスレディ」の仕事は、時間の融通が利くので子どもがいる人が多いんです。ママ友の中にも、保険の仕事をしている人がいるかもしれません。

たいていの人はママ友に対してしつこく勧誘するようなことはないのですが、中には常識をわきまえずに契約を迫ってくるような人もいます。そういう場合は、もちろんほどよく距離を置くようにしましょう。

 また、中には契約を通して知り得た個人情報を簡単に話してしまうような人もいます。例えば、「○○さんのところは年収が○○万円」だとか、「△△さんは1億円の保険に入ってる」など、言われたくないことを広めてしまう人もいます。

このような場合はコンプライアンス違反でもあるので、悪質な場合はその保険会社に報告しても良いぐらいのことです。そして、もちろんそのような人には自分の保険を任せることはやめましょう。

こういった仕事関係の話は、相手が熱心に勧誘してくると断りづらくて自分も引きずり込まれてしまうことがあります。でも一度引き受けてしまうと簡単にはやめられませんし、それなら始めからキッパリ断るべきです。仕事関係の話でも、十分に気を付けてくださいね。

また、その他、ママ友トラブルに発展しやすい話「家庭の事情編」「子どものしつけ編」も、是非参考にしてみてください。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ