万が一のときに備える!ワーキングマザーの生命保険の選び方

最近は共働き世帯も多いです。仕事に家事に育児に忙しいと、生命保険のことなんて後回しになりがちですよね。でも、万が一のときに生命保険がなければ困ると思いませんか?
3.ワーキングマザーの生命保険の選び方
すでに生命保険に入っている人でも、その保険は本当に万が一の時に役立つものでしょうか?ここでは、ワーキングマザーの生命保険の選び方を紹介しましょう。

医療保障は必要です

入院や手術をしたときの保障をしてくれる医療保険は、数十万円単位での貯蓄があれば加入しなくても大丈夫なことが多いです。ただ、入院時に子どもの面倒を見てくれる人がいない場合はシッターを頼まなくてはなりませんから、貯蓄でまかなえそうになければ加入しておきます。

会社員の場合は傷病手当や有休もあるのでさほど困りませんが、夫の扶養内で働いている人、また自営業の人などはそういった保障はありません。医療保険は手厚くしておいた方が良いでしょう。

死亡保障はしっかりと

万が一死亡してしまった場合、あなたの分の収入はなくなります。それでも残された家族が十分に生活を維持していけるのなら良いですが、そうでない場合は、あなたが生きていたら今後得られるであろう収入と同じぐらいの保険に加入しておきます。

 また、あなたが死亡することによって夫が今の仕事を続けられない、というような場合は、夫の収入減も補えるぐらいの保険は必要です。

ワーキングマザーの生命保険プラン例

◎終身医療保険日額5千~1万円程度
◎終身保険100~200万円程度(お葬式代)
◎収入保障保険月額15~20万円程度

 医療保険は、終身タイプの方が安心です。貯蓄額が少ない、もしくは傷病手当などが無い人の場合は日額を多めにしておくと良いでしょう。

 死亡してしまったときに、残された家族が不自由なく生活していけるだけの生活費は収入保障保険を使って準備すると無駄がありません。子どもが成人するまでの期間だけ加入しておくと良いですよ。

ワーキングマザーは忙しいものですが、生命保険は早めに見直ししておくことをおすすめします。万が一のときに困らないように、今からしっかり備えておきましょうね!

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ