正しい使用で簡単に産後ダイエットができる夢のようなベルトとは!?

骨盤矯正は何故大切?産後ダイエットで骨盤矯正を行う方法産後気になるお腹のたるみを引き締める方法でも、骨盤矯正の重要性を説明しています。骨盤矯正の手段として最近では様々な種類の骨盤ベルトも販売されています。

25-2

骨盤の開きや歪みを整えることは産後ダイエットのスタートラインです。産後半年までに骨盤矯正を行っているだけでも、痩せやすく太りにくい体質に変わることができます。今回は、産後の骨盤矯正におススメの骨盤ベルトについてご紹介します。

”骨盤ベルトの役割”
産後に身につけるだけで、骨盤矯正をしてくれます。育児や家事などで、特別に骨盤体操などのエクササイズを行うのが難しい場合に役立ちます。

骨盤ベルトは多くのメーカーから販売されており、それぞれ使用方法は異なります。ここでは、基本的な使用方法と注意点をご紹介します。

 骨盤ベルトの正しい使用方法
産後すぐから着用できるタイプもありますが、出産する病院によって指導方法が異なるため、一度相談してみましょう。

<正しい着用位置>

恥骨のすぐ上あたりを中心に着用しましょう。お尻より少し下あたりになるため、しゃがむ動作などでずれる可能性もあるので気をつけましょう。ずれると意味がないので、ずれないような楽な締め付け具合がおススメです。

<どれくらいの期間着用するのか>

使用するメーカーによっても推奨している機関は異なりますが、産後3カ月~半年までを目安に着用しましょう。その時期になると骨盤の位置が定着していきます。それ以降は、骨盤周辺やお腹の筋肉を鍛え、正しい姿勢を作ることで骨盤が安定していきます。

骨盤ベルトを使用するうえでの注意点

 無理な強さで締めつけないこと
 病院での指導に従うこと
 帝王切開で出産した人は傷に負担がかかるため使用は控え、医師の診断を待ちましょう。

ベルトの他にも…

骨盤矯正のアイテムには、ベルトの他にもガードルやスパッツなど豊富にあります。骨盤からお腹や太ももまで締め付け、ボディラインを整える商品や、女性らしい可愛い柄の商品まで、産後の生活を楽しませてくれるものが多く販売されています。市販や通販など、どこでも手に入るので出産前に揃えてみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ