皮膚のたるみは見たくない!産後たるんだ皮膚を再生するステップ

産後しばらくの間はお腹の皮膚がしぼんだ風船のようにたるんでしまいます。気になって産後すぐから腹筋をしたり、マッサージで伸ばす人もいますが、どのような方法が正しいのでしょうか?

21

約3㎏の赤ちゃんと羊水や胎盤などで、お腹は経験したこともないほど大きくなります。出産を経験した女性なら共感できると思いますが、臨月にもなるとお腹の皮膚が引っ張られる感覚なんですよね。

そのような状態のお腹が出産を機に一気に小さくなり、引っ張られた皮膚だけがたるんで残るでしょう。

出産時にたるんだお腹の皮膚を伸ばす方法

お腹の皮膚は約4カ月サイクルで新しく生まれ変わると言われています。そのため、時間と共にお腹の皮膚も元の状態に戻ります。しかし、高齢や不規則な食生活などが原因で新陳代謝が悪くなっている人は、治りが遅くなるでしょう。より早く、お腹のたるんだ皮膚を再生させるためにできることがあります。

21-2

 骨盤の広がりや歪みの改善と共に解消する
 腹筋やマッサージなどでお腹の新陳代謝を上げる
 美容整形外科で切除してもらう

 

ステップ1)骨盤の広がりや歪みの改善と共に解消する

骨盤の広がりや歪みを元の状態に戻すことで、お腹のたるんだ皮膚も元に戻りやすくなります。お腹の皮膚のたるみは、気になりますが産後すぐから腹筋をしたりマッサージを行ってはいけません。産褥体操や骨盤の歪みや開きを治す体操を行うようにしましょう。詳しくは産後気になるお腹のたるみを引き締める方法でも紹介しています。
 

ステップ2)腹筋やマッサージなどでお腹の新陳代謝を上げる
100㎏を超える巨漢の人は食事制限だけでダイエットを行うと、痩せることはできますが、産後のお腹と同じように皮膚が大きくたるみます。それは、筋トレをせずに痩せたからです。

産後の体も同じように、お腹の筋力は衰えているためお腹の皮膚がたるみやすくなるんです。腹式呼吸やお腹を凹ませる簡単な腹筋運動から行い、少しずつ強度を上げていくようにしましょう。また、お風呂でお腹のマッサージを行うのも、新陳代謝が高くなるのでおススメです。
 

ステップ3)美容整形外科で切除してもらう

脂肪吸引の施術ができる美容整形外科では、余った皮膚を除去する施術も行っています。そのため、すぐに産後のお腹のたるみを除去したい人は美容整形外科を利用する人が多いのです。しかし、数十万円~数百万円もする治療費を払うくらいなら、骨盤体操や腹筋、マッサージなど自力で治したほうがいいのではないでしょうか。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ