産後は絶対安静に!激しい運動によるダイエットはまだまだ先の話です

産後ダイエットを本格的に行う時期といえば、早くても産後1カ月以降だということは一般的にも知られていることです。しかし、体重やお腹のたるみなどが気になり、すぐに本格的にダイエットをしたい人もいるでしょう。産後すぐの激しい運動は行ってもいいのでしょうか?

12-2

産後の家事や運動、育児などについて、人生の先輩である母親や姑さんから教えてもらうことがたくさんあるかと思います。なかでも、念を押して言われることは、『産後の肥立ち』についてではないでしょうか。

産後の肥立ちと産後ダイエットの関係

”産後の肥立ちの意味”
『産後は少しずつ体力を回復させながら肥えていくこと』をいいます。昔は現在ほど豊富に栄養を摂ることができない状況での出産でした。妊娠から出産、育児と体力を消耗することで母親は痩せていってしまうのです。そのため、昔の人はよく「産後は体力の消耗を避けるためにも動いちゃいけない」というのです。

12

産婦人科などでは、産後すぐからは産褥体操を行うように指導があります。それには当然それなりの理由があるのです。

●産後の体は疲れやすい●

母体はエネルギー量が多くなるため、産後約2カ月は体力の消耗が大きくなります。貧血を起こす人もたくさんいるのです。そのような状態ですぐにダイエットを行っては、体調を崩してしまうのです。

●子宮の回復に時間がかかる●

出産時の子宮は傷ついた状態なので、細菌感染しやすくなります。また、子宮の収縮があるため軽い陣痛のような痛みを感じる人もいます。子宮を回復させ健康状態に戻すためにも約1カ月は運動は禁物なのです。

産後の肥立ちが悪いと様々な症状が現れる

産後の肥立ちが悪い=貧血や疲労感などがなかなか取れないことです。このような状態では、すぐに症状が現れるわけではなく、更年期になって出始めてきます。産後に無理をしてダイエットをすると、骨盤が元に戻りにくくなりホルモンバランスが崩れます。すると、更年期に腰痛や子宮筋腫、視力の低下などの体調不良が起こりやすくなるのです。

以上のことから、本格的な産後ダイエットをすぐに行うことはおススメしません。昔に比べると、日本も裕福になり栄養バランスの摂れた食事ができますが、子宮の回復や骨盤の戻りなどを考えると、やはり産後1カ月は産褥体操のみのダイエットを行うようにしましょう。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ