負担が大きい帝王切開は、より安静な時間が必要!産後ダイエットは2カ月以降から

『自然分娩』や『無痛分娩』、『水中出産』、『立位出産』など出産の方法が多様になってきた現在。中でも帝王切開で出産する確率は多いのではないでしょうか。帝王切開で分娩した場合、産後のダイエットはどのように始めればよいのでしょうか?

9

帝王切開で出産した人も、自然分娩で出産した人と同様、産後のお腹のたるみや体重の増加で悩むことでしょう。帝王切開の人は子宮を切り開く手術をしているため、自然分娩出産の人とはワケが違います。しかし、帝王切開の人も産後ダイエットを行うことができるので安心して下さいね。
”赤ちゃんが産道を通っていなくても骨盤は開く!!”
帝王切開の場合は子宮からそのまま赤ちゃんを取り出すため、産道は通りません。ということは、骨盤が広がらない!と思いますよね。しかし、実はホルモンの影響を受けて骨盤は開いたり歪んだりしてしまうのです。そのため、帝王切開の人も骨盤を元に戻すダイエットを行う必要があるのです。

帝王切開の場合の産後ダイエットは2カ月後から!

通常の産後ダイエットは、産後すぐから産褥体操という軽い体操を行い、産後1カ月から骨盤の筋肉や腹筋を鍛える運動を行ってOKです。しかし、帝王切開の場合は産後2カ月後からになります。お腹にメスが入るため、傷の治り具合でも前後されますが、傷口が開かないためにも最低2カ月は無理な運動を行ってはいけません。
産褥体操は産後すぐからOK

産後の疲労回復にも効果的な産褥体操は、帝王切開の場合でも産後すぐから始めることができます。足首を回したり、首を左右に傾けたり、肩を回す、足の曲げ伸ばしなど、ベッドの上でもできる簡単な体操です。産褥体操程度のストレッチを産後2カ月まで行い、育児や産後ダイエットに備えるようにしましょう。

 骨盤ベルトやコルセットの危険

骨盤の歪みや開きを治してくれる『骨盤ベルト』や『コルセット』ですが、お腹を締め付け、傷口が開いてしまう恐れがあるため使用は控えるようにしましょう。使用は完全に傷が治ってからでも決して遅くはありません。どうしても使いたいという人は、医師に相談し、ワンサイズ大きいもので緩めに使用しましょう。

帝王切開で切った傷が治ったら、軽めのウォーキングや骨盤体操、腹筋などを行っていきましょう。無理せず、自分に体を労わりながら産後ダイエットに励むようにして下さいね。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ