産後向けダイエットエクササイズは超簡単!ゆっくり焦らずがキーワード

『置き換えダイエット』や『夜トマトダイエット』、『カーヴィダンス』、『エアロビクス』など通常行うダイエットは豊富にあり、選びたい放題です。しかし、産後ダイエットとなるとそういうわけにもいきません。

6

産後ダイエットで気をつけなければいけないことは、「無理をしない」ことです。運動の内容に関しては、骨盤の歪みや開きを意識したものを選ぶようにしましょう。以下は産後ダイエットの代表的な運動方法です。

自宅でできる産後ダイエット

産後すぐ~約1カ月は外での運動よりも、自宅でできる簡単なものを行いましょう。段階的なダイエットが重要!産後痩せやすい体型作りに必要なこと産後ダイエットと忙しい育児を両立する方法でも簡単に紹介しているのでそちらも参考にして下さい。
骨盤周辺の筋肉を鍛える

出産により開いた骨盤を元に戻すためには、骨盤周辺の筋肉を鍛えることが重要です。始めはお尻の穴をキュッと閉じて5秒キープし、骨盤底筋群を鍛えましょう。慣れてきたら腰を左右に動かしたり回して腰の筋肉をほぐします。

インナーマッスルを意識する

特に、緩んだお腹を意識しましょう。始めは腹式呼吸をしたり、お腹を凹ませることを意識するだけで十分です。慣れてきたら椅子に座った状態で少し足を浮かせるような簡単な腹筋を行いましょう。1カ月まではくれぐれも体に無理をさせないことが大切です。

スタジオ系&集団でできる産後ダイエット

産後1カ月~半年で体も少しずつ回復し、外出もできるようになります。最近では、赤ちゃんと一緒に参加できる産後ダイエットエクササイズがあるので、行ってみてもよいでしょう。
★産後ヨガ★

かたく弱くなった筋肉をほぐし、気持ちもリラックスして落ちつけるプログラムです。赤ちゃんと一緒にできるレッスンもあるので母子ともに楽しめるのではないでしょうか。産後ピラティスもヨガの一種です。

★ボール系エクササイズ★

大きなバランスボールや小さなミニボールを使います。ボールの上に乗ったり足で挟んだりすることで、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。有酸素運動の効果も期待できます。

スタジオ系の産後エクササイズは、母子ともに楽しめるだけでなく、ママ友や同年代の赤ちゃん同士の繋がりを持つチャンスもあります。よい刺激になるので是非参加してもらいたいものです。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ