ママも赤ちゃんもハッピー!遊んでるだけで痩せる産後ダイエット法

産後増えた体重やたるんだお腹、二の腕、太ももなど、気になるところはたくさんあるでしょう。しかし、出産と同時に育児がスタートするわけですから、1日はより一層忙しくなります。そんな中どのようにしてダイエットをすればいいのでしょうか?

4

段階的なダイエットが重要!産後痩せやすい体型作りに必要なことでも紹介したように、産後は普段通りのダイエットを行うことができません。しかし、自分の体が落ち着いてきて、いざ産後ダイエットを行おうと思っても、育児に追われて思うようにできないこともあります。

できれば産後半年までに少しずつ筋力や体力を戻していくのが理想です。しかし、赤ちゃんがよく泣く、寝ないなどで自分にかける時間が作れない人も多いでしょう。そんな人でも実践できる育児と上手に両立してダイエットを行う方法を紹介します。

赤ちゃんと一緒に産後ダイエットを楽しむ

産後ダイエットは母親の体型の問題ですが、赤ちゃんと一緒だったら赤ちゃんも楽しめるので一石二鳥です。

 

●赤ちゃんの散歩でウォーキング●

生後1カ月健診で医師のOKが出れば、赤ちゃんの外出も少しずつできるようになります。初めは外気浴から、慣れてきたら20~30分ベビーカーで散歩してみましょう。赤ちゃんに話しかけながら、そして母親はお尻と太ももを意識しながら歩くと引き締めに効果的です。

4-2

 

●赤ちゃんを寝かせる時も腹筋を意識●

赤ちゃんを布団で寝かしつける時、お腹をひねったり下腹部に力を入れたりしてみましょう。ほかにも、足の上げ下げなどできる範囲で体を動かすようにしましょう。

 

●赤ちゃんをおんぶして足腰を鍛える●

赤ちゃんがなかなか泣きやまない時、おんぶや抱っこで揺れているだけでも足腰を鍛えることができます。また、一緒にハイハイで追いかけっこをして遊ぶと、全身使って良いダイエットになるでしょう。

 

『ながらダイエット』を取り入れる

『ながらダイエット』は普段のダイエットでも取り入れている人がたくさんいるでしょう。料理を作りながら、洗濯を干しながら、掃除機や床掃除をしながらなど、普段の家事や掃除の中で行うダイエット法です。ただし、すべて軽めの動作にしましょう。あくまでも『産後の体』だということを忘れず!

産後ダイエットには、産後ヨガやピラティス、バランスボールなどのレッスンも多く広まっています。しかし、外出することが難しい場合は、育児や家事と上手に両立しながら行うといいでしょう。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ