油断は禁物!母乳育児で上手に痩せる人と痩せない人の違いは?

『母乳育児=産後ダイエットに最適』と思う人が多くいます。しかし、思った以上に体重が減ってくれない人も多いのが現実です。母乳育児で痩せる方法を紹介しましょう。

3

母乳育児で痩せる理由
赤ちゃんに母乳をあげると消費するカロリーが500~700kcalだと言われています。それは、ダイエットで激しい運動を行った消費カロリーと同じくらいなのです。また、産後は脂肪が流動的で落ちやすい時期なので、多くの母親は赤ちゃんに栄養を与えれば与えるほど痩せると言われています。

しかし、その言葉を信じていても、思うように痩せない人もいます。

母乳育児で痩せない人の共通点

 つい食べ過ぎてしまうこと
 代謝が落ちて脂肪が燃焼されないこと

 消費する分お腹が空く!少しくらい…が痩せない原因

「母乳を与えていると消費カロリーが高くなるから少しくらい食べ過ぎてもいいだろう」「いっぱい食べたほうが赤ちゃんの栄養になるだろう」などと理由を作って、摂取カロリーが多くなっていませんか?

要するに、母乳育児で痩せない原因は『食べ過ぎ』なんです。いつも通りの食事量を心掛け、小腹が空いたら栄養のある果物やナッツ類を食べるようにしましょう。

3-2

 体質が変わり、代謝が落ちることが原因

出産し母乳を赤ちゃんに与え始めると、母乳で栄養が摂られ過ぎないために脂肪を蓄えやすい体質に変化する人がいます。このような場合は、母乳育児をやめると痩せ始めることもあります。

母乳ダイエットを成功させるためには!?

 食事内容に気をつけて食べ過ぎない事

母乳は血液でできているため、水分が不足すると母乳の出も悪くなります。また、油脂分や糖分を多く使っている料理や濃い味付けの料理を避け、和食中心の生活に変えましょう。良質な母乳が作られると赤ちゃんもたくさん飲んでくれるうえに、摂取カロリーを抑えることもできます。

 授乳回数を増やすこと

母乳を与え続けるためには、授乳の間隔があき過ぎると出が悪くなり、いつの間にか全く出なくなってしまいます。そのため、産後すぐ~1カ月間は2~3時間置きに赤ちゃんにおっぱいを吸わせるようにしましょう。赤ちゃんに吸わせることで母乳はより生産されます。

母乳育児で痩せるためには、食事内容に気をつけると同時に、より多くの母乳を出し続ける必要があるでしょう。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ