無茶なダイエットは禁物!賢く痩せ体質になるための秘訣

産後間もない状態で、通常通りのダイエットを行うと、母乳だけでなく、母体にも悪影響になる恐れがあります。そのため、産後ダイエットの基本を抑えておくといいでしょう。

1

産後のダイエットは段階的に行うのが基本!

 産後すぐ~約1カ月
 産後1カ月~半年
 産後半年~1年以降
このように3ステップでダイエットを行うことをおススメします。

ステップ1)産後すぐ~約1カ月は産褥体操

出産直後の母親の体は、非常に疲れやすく思うように動けないという人も多いでしょう。しかし、この時期は家事や外出など無理な動きはしないのが基本です。出産のために開き緩んでいる骨盤は、無理に動きまわると逆に戻りにくくなってしまいます。骨盤ベルトやリラクゼーションストレッチ、マッサージがおススメです。

ステップ2)産後1カ月~半年はダイエットに向けて体を準備させる

少しずつ体が戻ってきますが、重い荷物や布団欲しなどの家事は、知らず知らずに体を疲労させてしまうため注意しましょう。主に骨盤底筋群を鍛える運動から行っていきます。お尻の穴を閉めたり緩ませたりする体操や、産後のヨガ、バランスボール体操、ピラティスなどで、妊娠~出産で緩んだ筋肉を鍛える期間になります。

ステップ3)産後半年~1年以降から体力を取り戻していく

子宮が収縮し、骨盤も定着してくる時期になります。半年までの間に骨盤周辺の筋肉を鍛えていると、家事や買い物も苦ではなくなってくるはずです。ステップ3では一般的なダイエットに近い内容のものに以降していきましょう。軽いウォーキングやエアロビクス、ヨガなどがおススメです。運動に慣れる程度のエクササイズにしておきましょう。

段階的にダイエットを行う理由

産後の疲れた体を追い込むように、すぐに本格的なダイエットを行うと、心身ともに大きなダメージを受けるでしょう。母乳に影響したり、本来戻りやすい骨盤の開きが戻らなくなったり…。すると、産後いくらダイエットを行っても痩せにくくなってしまう可能性もあります。

ステップを踏んで段階的にダイエットを行うことで、体に負担をかけずに痩せることができます。産後のダイエット法により、今後の体型が決まってしまうこともるので、慎重に焦らず過ごしてもらいたいものです。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ