炭水化物抜きは危険!糖質制限はしてはいけない人もいる

旦那さんのメタボ予防や、自分自身のダイエットのために「糖質制限」が気になっている人も多いですよね。でも、糖質制限はむやみに実践するものではありません。場合によっては危険なこともあるのです。
9.炭水化物抜きは危険!糖質制限はしてはいけない人もいる

若い人は糖質制限をしてはいけない

働き盛りの男性や、これから妊娠したいと思っている女性、育児中の女性などの場合は、糖質制限をすべきではありません。そもそも糖質というのは3大栄養素の一つで、決して抜いてはいけないものなのです。

現在流行している糖質制限食というのは、もともとは糖尿病患者のための食事を一般向けに改変したものです。糖尿病の人や、すでにメタボになっている中高年の方にとっては良い効果もありますが、若い世代はやらない方がいいですよ。当然、子どもに糖質制限食を食べさせるなんていうのはもってのほかです。

糖質制限を実践する場合は正しい方法で

40代以上で、子育てもだいぶ楽になってきた、というような人であれば、健康のために糖質制限食を取り入れることは悪いことではありません。なぜなら、年齢を重ねると代謝が落ちてきて、若い人ほど多くのエネルギーを必要としないからです。

ただ、自己流で糖質を抜くようなことは絶対にやめましょう。糖質制限食を実践するのであれば、本を読んだりして正しい方法を身につけてからおこなうようにしましょう。思い込みで間違った方法を続けてしまうと、やはり体調を崩したり体への悪影響は免れません。

炭水化物ダイエットと基本は同じ

昔、炭水化物を抜くというダイエット方法が流行りましたが、基本的なことは同じです。炭水化物とは「糖質+食物繊維」のことですが、ダイエット法としては糖質と炭水化物は同じ意味で使われている言葉です。

 炭水化物ダイエットを実践したことがある人も多いかもしれませんが、糖質というのは抜いてはいけないものです。もし、メタボ予防やダイエットをしたいのであれば、糖質を抜くのではなく「少し減らす」だけにしておきましょう。

少し減らすだけでもちゃんと効果はありますし、必要な栄養素を摂取しないと健康になるどころか不健康になってしまいます。また、脂肪を減らしたいのであれば食事制限だけでなく運動も取り入れるようにして、本当の健康な体を手に入れるようにしてくださいね。

※また、こちらの記事も参考にしてみてください。健康のために摂取すべき脂質はしっかり摂りましょう!
「脂質」にも様々な種類がある!摂取すべき油と避けるべき油


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ