知っておきたい!献立作りの基本となる6大栄養素

家族の健康を守るためには、毎日の食事が非常に大切です。
1.献立作りの基本!6大栄養素を知っておこう
栄養バランスの良い食事を作るためには、どのような栄養があるのか、基本を知っておくことはとても大切です。せっかく頑張って作った料理でも、栄養バランスが悪ければ健康には良くありませんから、基本をおさえておくようにしましょう。

6大栄養素の基本

基本的な栄養素としては、糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維といった6つの種類があります。

 

 糖質……お米、パン、麺類、イモ類など
体を動かすためのエネルギーです。ダイエット中のママは控えめにしたいところですが、成長期のお子さんには十分な量が必要です。なお、玄米や全粒粉など精製されていないものの方が血糖値が上がりにくいので太りにくいです。

 

 脂質……バター、マーガリン、調理油、脂身など
体を動かすためのエネルギーです。糖質に比べてエネルギーに変換するまでに時間がかかりますが、長時間の運動時にはメインとして使われるエネルギーになるものです。魚やオリーブオイルなど良質な脂質を摂取するようにしましょう。

 

 タンパク質……肉、魚、大豆製品など
体の組織を作る栄養素です。成長期の子どもには特にたっぷりと摂取してもらいたいものですね。ダイエット中のママも不足しがちになるので、鶏肉や大豆製品など低カロリーな食品で補うようにしましょう。

 

 ビタミン……野菜、果物など
体の代謝に欠かせない栄養素です。ビタミンA、B群、C、D、E、Kといった種類があります。どれも不足してはいけないものですが、ビタミンCとEは美容のためにも積極的に摂取したいものです。

 

 ミネラル……さまざまな食品
カルシウムやマグネシウムなど、必要な量は少量ではありますが、不足すると体調を崩しやすくなってしまうものです。

 

 食物繊維……野菜、海藻、甲殻類など
腸内の環境を整える働きがあり、便秘解消にも効果的なものです。最近は子どもの便秘も多いので、不足しないように気を付けましょう。

もう一つの栄養素、「植物栄養素」にも注目

最近は、6大栄養素に加えて植物栄養素というものもあり、「7大栄養素」とも言われています。

植物栄養素とは「フィトケミカル」とも言われ、ポリフェノールなどの抗酸化物質のことを言います。カテキン、アントシアニン、イソフラボンなど健康のためには、積極的に摂取するようにしましょう。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ