注目情報!食品で生理痛が和らぐのか?

生理痛の対処ですが、食品から考えて見ることも肝心です。実はいくつかの食べ物に、生理痛が和らぐ効果があると言われています。参考にして実践されてはいかがでしょうか。

ここまで述べさせてもらったのが、腹痛と腰痛対策です。腹痛は、「痛みが和らぐ!?生理痛の対策法~腹痛編~」にて解説しました。腰痛については、「痛みが和らぐ!?生理痛の対策法~腰痛編~」で解説させていただきました。

どちらの方法もかなりお勧めになるものですので、積極的に利用していただければと思います。それらの考え方に加えてほしいのが今回の食品による生理痛の軽減対策です。食品なら日常的に対策もできるでしょう。しっかりと確認していただきたいと思います。

生理痛に効く食品とは

99
 炭酸水
 豆乳
 プルーン
 温野菜

以上の食品が生理痛に良いとされます。注目されるのが、炭酸水でしょう。特に無糖タイプが身体に負担をかけることなくお勧めと言われています。炭酸水が良いとされる理由は血行の改善です。血行不良が生理痛の原因とも言われていますので、炭酸水でカバーするわけです。

鉄分に注目!
プルーンについても注目でしょう。プルーンは鉄分を豊富に含んでいます。生理痛は鉄分不足でひどくなると言われています。それを抑えるためにも、プルーンは大きな役割を果たしてくれます。ちょっとしたフルーツ感覚で食べても良いでしょう。

生理が悪化する可能性がある食べ物

 甘いもの(砂糖が入っているもの)
 コーヒー印象

砂糖は、体を冷やすといった働きがあります。また、大事な栄養素を除去してしまう事もあるので、生理の時には気をつけるべきです。特にカルシウムやビタミンを減少させてしまう可能性があります。

特にチョコレートは大きな問題になることもあります。カフェインが含まれていますので、情緒不安定になってしまう事も考えられます。いらいら状態が長く続きまして、結果的に生理痛をひどくさせてしまいます。コーヒー飲料にもカフェインが含まれており、注意が必要です。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ