女性必見!生理痛による腰痛を治す方法とは?

生理痛によって、かなり生活に支障が出てきてしまっている女性も多いです。学校に行くのも仕事をするのがつらいこともあるでしょう。

生理痛には様々なものがあります。先に記載させてもらったのが、腹痛についてです。そちらは、「痛みが和らぐ!?生理痛の対策法~腹痛編~」にて詳しく書かせてもらいました。参考にしてほしいと思います。

こちらで記載するのは、生理による腰痛についてです。実際に、生理になるたびに腰痛が発症してしまう方もいます。腰痛になると、行動も大きく制限されてしまうわけです。その上位教を変えられる方法について考えてみました。

辛い時には横になる

98

腰痛が出てしまった時には無理をしないのが肝心です。横になって痛みが治まるのを待ちましょう。横になった時ですが、丸めたタオルを利用してみましょう。丸めたタオルを腰の下に置きまして、寝転がるだけです。

腰の負担が大きく減ることが分かると思います。寝転がるだけでも、ずいぶんと痛みは減るわけですが、タオルで重心が安定することでさらに痛みが和らぎます。その場しのぎの方法になりますが、最もひどいような状況になった時には活用してください。

身体を動かすことも重要

上記したものと真逆になりますが、身体を動かすことも腰痛を緩和させる一つの方法になります。腰が痛いからと言ってずっと動かないでいると筋肉を硬化させます。それ自体が腰痛の原因になってしまうわけです。

身体を動かすという事ですが、ハードなものではありません。例えば、ウォーキングするといったこともお勧めになります。さらにちょっとしたストレッチも良いです。腰の筋肉をほぐすという事イメージしてください。

座りっぱなしは禁物
パソコン前で数時間全く動かないという方も多いです。ですので、定期的に身体を動かすことも忘れてはいけません。生理痛がひどい方は、同じ姿勢でいることは避けましょう。1時間に1回でも良いのでちょっと立って歩いてみましょう。2分から3分でも構いません。気分転換にもなります。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ