とぎ汁で節約する方法

米のとぎ汁で生活を少しでも豊かにする方法を考えてみました。とぎ汁をすぐに捨ててしまっているような方につきましては、参考にしていただきたいです。

米のとぎ汁ですが、毎日何に有効活用するわけでもなく捨ててしまっている方も少なくはないはずです。それほど、何かに役立つものとも考えられているわけではありません。

しかし、水を使っていることにはほかなりません。水道代金もかかるわけです。ですので、捨ててしまうよりは、何か視野に役立てましょう。いくつかの方法を提案させていただきます。その中で、採用してみたいというものがありましたら、チャレンジしてください。

掃除に活用してみましょう

米のとぎお汁は、床掃除にかなり有効に使えます。とぎ汁をぞうきんやタオルなどに付けて床を拭くだけです。それだけで床がピカピカになってしまうわけです。大掃除の時にそういった事を行っても良いですが、普段からちょっとした掃除に役立ててはいかがでしょう。

家庭菜園に活用

5

米のとぎ汁を肥料に使うという方法もあります。とぎ汁には栄養がたくさん含まれています。家庭菜園をしている方にとっては特におすすめになります。植物に栄養がしっかりといきわたりまして、美味しい野菜が出来ます。

容器などの脱臭に活用

臭いを取る!
米のとぎ汁には脱臭効果というものがあります。ただ、水分になりますので、利用方法は少し難しいです。たとえば、カップなどの容器についてしまった匂いというものもあるでしょう。つけものを入れていた容器などです。
そのようなものに、とぎ汁を入れておきましょう。しばらくすると臭いが消えていることが分かると思います。こちらの大掃除の時や、普段にも利用できるとぎ汁の有効活用方法です。

とぎ汁にはここまで紹介したような様々な方法で再活用できます。捨ててしまうのを当然と考えていることも多いわけですが、思った以上の能力を兼ね備えているわけです。特に家庭菜園の水やりは、水道代のちょっとしたカットにもなりますので行ってみましょう。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ