焼き肉が身体の負担に!疲労している時は食べても平気か?

女性でも焼き肉が好きな方は多いです。最近では女子会にも使われるのが焼き肉店です。しかし食べ方によっては危険性もあります。
92

お肉というものは、そもそも非常に栄養が豊富です。例えば戦後の日本人の寿命が延びたのは肉のおかげと言われています。戦前の平均寿命は60歳に届いてなったと言われています。それは肉の食べる量が少ないのが原因と言われています。

実際に、戦前肉の摂取量は非常に少ないものでした。野菜などが中心で、タンパク源と言えば大豆製品が多かったわけです。大豆製品も栄養いは良いですが、肉の量に多い量をあまり食べられません。そういった意味でも肉というものはプラスに働いているわけです。

マイナス面も

肉は、生活習慣病を引き起こすことでも知られています。肥満の原因になってしまっているわけです。ですので、万能ではないという事も抑えておきたいところです。食べ過ぎには注意して効果的に摂取してください。

疲労している時に焼肉という考え方は注意

逆に身体を疲れさせてしまう可能性があります。確かに栄養は豊富なので、長期的に見れば身体のスタミナをつけてくれるという事はるかもしれません。しかし、すぐに良い結果をもたらしてくれるわけではありません。

特に、胃や腸に大きな負担がかかります。焼き肉を消化しなければいけないからです。疲れている時には、胃や緒の働きも悪くなっています。そんな時に、肉が入ってくれば、胃や緒も活発に動かなければいけません。だからこそ危険な考え方と言われています。

動物性脂肪に注意

焼き肉には動物性脂肪が多く含まれていますが、その吸収に身体が疲労してしまいます。吸収率があまりよくないわけです。消化するのに体力が使われてしまい、疲れはとれなくなります。次の日も疲れたままになってしまいます。

動物性脂肪が少ない肉とは
鶏の胸肉がおすすめになります。焼き肉ではあまり出てきませんが、同じ肉でも疲労に良いタイプのものもあるわけです。もしも疲労して肉が食べたいという時がありましたら、鶏の胸肉を活用してください。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ