たまってしまう!子どものプリント類をすっきり整理する簡単な方法

子どものモノってどんどん増えますよね。小学校に入ってからは、プリント類の管理に頭を悩ませる人も多いようです。
10.子どものプリント類をすっきり整理する方法
しかも、学校からもらってくるプリントの中には学校行事の詳細が書いてあったり出欠の返事を出さなくてはいけないものなどもあり、うっかりなくしてしまうと大変なことになります。

プリントの分別をしよう

学校からもらってくるプリントは、以下のような種類があります。

◎子ども自身が保管しておくべきもの
テストの答案用紙や児童向けの読み物など

◎親が保管しておくべきもの
時間割表や「災害時の対応についてのお知らせ」など

◎即捨てても良いもの
出欠の返事を出したものや、読み終わった「保健だより」など

◎一定期間保管したのちに捨てるもの
授業参観のお知らせや遠足のしおりなど日時や持ち物が書かれているもの

それぞれの管理方法

まず、読み物系のプリントに関しては、料理の合間などにさっと読んですぐに処分するのがおすすめです。

 

 子ども自身が保管しておくべきもの
ファイルを渡して、そこへ保管するように教えます。ただテストに関しては小テストなども併せると膨大な量になってしまうので、別に保管しなくても良いです。

 

 親が保管しておくべきもの
連絡網や年間予定表など年単位で保管するもの、献立表など月単位で保管するもの、時間割表など週単位で保管するものを分けて、クリアファイルに保管するのがおすすめです。

 

 一定期間保管したのちに捨てるもの
これは、時間割など週単位で保管するものと一緒に保管するのがおすすめです。もしくは、日時や持ち物などはすぐにカレンダーやスケジュール帳に転記すればすぐに捨てられます。転記するのが面倒なら写メで残しておくというのが簡単でいいですよ。

 

プリント類は「あとで整理しよう」と思っていると確実に溜まってしまい、大切なプリントを紛失してしまうことにもつながります。その日もらったプリントはその日のうちに処理するように心がけてくださいね。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ