家事がはかどらない|眠気覚まし法を要チェック!

家事をしていると眠気に襲われることもあります。そこで寝てしまうと家事が中途半端になり、あとで大変です。眠気に対処する方法を考えてみましょう。

眠気を覚ます方法は、実際に数多くあります。例えば、カフェインが入っているコーヒーやお茶を飲むという事もあると思います。しかし、そういった方法でもあまり聞き目がないこともあります。毎日コーヒーやお茶をがぶ飲みすることもなかなかできないでしょう。

他にも、いろいろな方法があります。その中でも特に効果的と言われているものをいくつか発表します。自分にとって最も導入しやすそうなものがありましたら、そちらを活用しみましょう。合う、合わないがあるので、まずはものは試しです。

首を冷やす

単に水をかけるというものではなく、首に冷やしたタオルをかけるというものです。冷蔵庫や冷凍庫に水に濡らしたタオルを常備させておきます。そして家事の最中に眠くなったら、それを巻くという方法です。

冬には使いづらい方法ではありますが、特に夏は気持ち良さも出てきます。こんな利用方法も良いのではないでしょうか。しかも、洗顔などの目覚まし法に比べて、持続性が多少あるのが大きなメリットです。

ガムを噛む

89

太らないしお勧め!
何かを食べている最中にはなかなか眠くならないものです。そういった身体の機能を上手く活かして、ガムをかむという眠気覚ましの方法があります。お腹が満腹になると眠くなることもありますが、ガムの場合は満腹になることもありません。

10分寝てしまう

逆説的な方法になりますが、眠い時にはねるというのも良い方法です。ただし、寝すぎないでください。10分くらいがおすすめです。布団で寝ると、何時間も寝てしまうかもしれません。椅子やソファーで寝るようにしてください。

10分くらいでも、かなり眠気がすっきりと取れます。身体や能も一時的にリセットされますので、すっきりとした気分で家事を再開できます。その後の家事も効率的にできる可能性も高いので、かなりおすすめできる方法です。

つぼを押す

眠気に良いといされるつぼが、頭頂部と首の後ろにあります。そちらを押してみましょう。つぼの名称ですが頭頂部は“百会”といいます。首後ろは“天柱”といいます。家事の最中に簡単に押すことができるので試してください。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ