キレイなキッチンを目指せる収納術のポイント

キッチンは、家の中でも特に汚れやすい場所です。それと同時に、家の中でも特にキレイにしておきたい場所でもあります。
4.「キレイなキッチン」を実現するための収納術のポイント
家族の健康を支えているのは毎日の食事ですね。その食事を作る場所が汚れていれば、衛生面でも不安になります。また、散らかったキッチンでは料理をするのも楽しくないでしょう。

出しっぱなしの収納が掃除を邪魔する

キッチンには、調理器具や調味料などを出しっぱなしにしている人が多いと思います。その方がスムーズに料理ができますからね。でも、そのせいで掃除がしにくいのだと思いませんか?

かえって掃除の手間をかけることに…
拭き掃除をしようと思えばいちいち調味料などを移動させなければならず、そのひと手間が面倒なために「また明日……」と思いつつなかなか掃除ができません。また、出しっぱなしな調味料や調理器具にも油が飛び跳ねたりホコリをかぶったりしてそれ自体が汚れやすくなってしまいます。

すべて見えないところに収納してみよう

掃除が面倒くさいという人こそ、収納にはこだわることをおすすめします。

 例えば調味料

こまごまとしたスパイス類を並べたままにしていると掃除もしにくいですし、不衛生ですよね。そこで、それらはすべてカゴにひとまとめにして、コンロ下に収納してみてはいかがでしょうか。

そうすればキッチンがすっきりして掃除がしやすくなります。料理をするときにはカゴごと取り出せば良いですし、使い終われば再びコンロ下に片づければOKです。実際、そのように収納している人のキッチンはもれなくキレイです。

 

 他のモノに関しても、収納できるものはどんどん収納してしまいましょう

キッチンには食器用洗剤とスポンジしかない、というレベルにまでできれば、掃除もとても簡単になります。

使い勝手が悪くなりそうと思われるかもしれませんが、掃除の手間を考えれば調理中にコンロ下から必要なものを取り出すという手間は微々たるものです。衛生的で見た目も良いキッチンにするためには、まず収納を工夫するのが得策ですよ。

《あわせて読みたい!キレイなキッチンを目指すための毎日のお掃除術》
キレイなキッチンを目指せる毎日の掃除のポイント


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ