なかなか家がキレイにならない!片付かない!何がいけないの?

「家の中をキレイにしなきゃ……」そう思ってはいるものの、なかなかキレイにならないものですよね。
1.だから家がキレイにならない!掃除と片づけを区別しよう
忙しい日が続くといつのまにか家の中が荒れてしまっていて、自己嫌悪に陥ってしまう人も多いのではないでしょうか。家の中が片付きにくいのには、根本的な原因があります。

掃除と片づけを区別しよう

多くの人は、掃除と片づけを混同してしまっていると思います。家をキレイにするには、散らかっているものをあるべき場所に戻して、汚れているところの掃除をする、というプロセスが必要になりますよね。でも、どちらもごっちゃにして捉えてしまっていると、上手くキレイにすることができません。

そういう人がどのような行動をしているかと言えば、「まず、掃除機を取り出して、掃除機をかけながら散らかっているものを移動させたり片づけたりする」というような状態。これでは効率が悪く時間もかかってしまいます。その結果、「わたしは片づけが苦手」という意識が大きくなってしまうのです。

それぞれのプロセスに分けて取り組もう

料理の場合は、「献立を決める」「買い物に行く」「調理する」「盛り付ける」「片づける」というようなプロセスが明確です。掃除・片づけに関してもそれぞれやっていることは違うのですから、別のものだと理解して取り組んでみてはいかがでしょうか。

 家が汚い人の場合、まずは「収納」でつまずいている人も多いです。モノの位置が決まっていない、ということですね。まずはモノの定位置を決め、それからそれぞれのモノを定位置に片づけ、その後に掃除をする、というプロセスに分けて行けば、家の中をキレイにすることはそう難しいことではありません。

「掃除がキライ」と思っている人でも、実は片づけが苦手だから掃除するのが面倒くさい、という状態になっていることもあります。それぞれのプロセスに分けて、どこに問題があるのかを検証してみるとキレイな家を維持しやすくなると思いますよ。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ