尿石を取るトイレ掃除法

掃除をする時に困るのが、トイレです。なかなか落ちない汚れが発生しやすい場所です。特に尿石には注意しなければいけません。

1

トイレの尿石というものですが、特にできやすい部分があります。それはトイレの内側の上部です。尿石がその部分にたまってしまって、汚く見えてしまっていることがあります。ちょっと洗ったくらいでは落ちないので、どうしようか悩んでいる方も多数います。

その尿石というものですが、実はしっかりと落とす方法もあります。そちらの情報について紹介させていただきます。特に年末の大掃除を行うという予定の方は参考にしていただければと思います。トイレをピカピカにして気持ちの良い新年を迎えましょう。

尿石とは?

説明になりますが、尿からできた石のようなものになります。詳しく解説をすると、尿が流れずにそのまま残ると空気中の炭酸と反応してしまいます。その結果、石のように固まってしまうわけです。放置しておくと、配管が詰まることもあります。

酸で尿石を溶かす

テレビコマーシャルなどでよく見かける、サンポールがおすすめです。尿石をしっかりと落とすためには、酸の力が必要になります。サンポールはその酸の力がしっかりと配合されていますので、綺麗に落としきることが出来ます。

サンポールの使い方は、トイレットペーパーなどにひたしまして、尿石の場所に付けておきます。しばらく時間をおいて流してしまってください。それだけで、尿石もだいぶ落ちているはずです。
サンポールの利用頻度は?
大量の尿石がついている場合は、一度では落としきることが出来ないかもしれません。ですので、せめて月に1回程度の回数で掃除していただければと思います。あまり長期間放置してしまうのは、かなり危険な事です。

サンドペーパーも使う方法も

耐水系のサンドペーパーで尿石を削り落とす方法もあります。こちらの方法の場合は便器に傷が付いてしまう事もありますので、気をつけておこなってください。軽く削るといったようなもので構いません。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ