女性の薄毛対策法!みるみる解消した対策方法

女性でも薄毛になります。薄毛にならないためにはどのようにすればいいでしょうか。なかなか難しいところになるでしょう。

しかし、男性よりは直しやすいとも言われています。男性は男性型脱毛症というものによって薄毛になることが一般的です。一方で、女性もないわけではありませんが、男性型脱毛症はそれほど多くありません。

男性型脱毛症が治りにくいという事になるのですが、その原因は遺伝が関わるからです。薄くなりやすい遺伝というものがあります。ですので、男性の薄毛はなかなか直すことができません。

女性が薄くなる原因

 加齢
 ストレス
 血行不良

特に多いのが加齢です。40代を超えてくるとどうしても髪の毛が薄くなります。実は、その加齢というものですが、実は非常に注目していただきたい内容があります。女性は特にひどいと言われる、更年期障害が関わります。

ホルモンのバランスに注目!
更年期障害は、40代半ばより発症します。いわゆる閉経が起こることで、様々な状況が生まれることになります。いわゆる女性は女性ホルモンが減少します。それが薄毛につながります。女性ホルモンが多くなると髪の毛もしっかりと成長しますが、少なくなれば成長途中で抜けることも出てきます。

女性ホルモンを補強

更年期障害による薄毛に対処するためには、女性ホルモンを補強することが大事です。実は食品でも一部補給できますので、その点は注目していただきたいと思います。普段の食生活を見直すきっかけにもなるでしょう。

イソフラボンがお勧め

大豆に含まれる成分が、女性ホルモンと似た働きをすることが分かっています。ですので、更年期障害になりましたら、定期的に摂取してください。実際に、育毛サプリメントなどにも含まれていますので、そういった面もチェックしていただきたいと思います。

47

ストレス対策

また、女性は精神的な面も影響を受けやすく、それが薄毛の原因になることもあります。いわゆる、ストレスによって薄毛を発症してしまうという事です。ストレスは、血圧などにも影響を与え血管を収縮します。

血管が収縮してしまい、血行不良になりまして薄毛が進行してしまいます。それが、びまん性脱毛症などにもつながりますので、髪の毛が全体的に少しずつ薄くなってしまいます。ストレス解消対策も行うべきです。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ