クレジットヒストリーとは|審査を突破するために必要な事

クレジットヒストリーはクレジットカードの審査に大きくかかわります。そもそもクレヒスとはどういったものなのでしょうか。

せっかくのクレジットカードも審査を突破しなければ利用することはできません。審査をいかにして突破するのか、という事が実際に大きなテーマになるわけです。注意して考えなければいけません。そもそも、何度もクレジットカードの審査を受け続けるとブラックになる可能性もあります。

効率的に審査を突破するためには、クレジットヒストリーの内容を詳しく確認しましょう。クレジットカード業者はどういった情報を気にしているのかを知ることにより、効率的に審査を突破できる可能性も高まるわけです。

24カ月分のカード利用情報掲載

67
クレジットヒストリーには、カードの利用についての情報が約2年分掲載されています。どういった利用をしたのか、どういった支払いをしたのかが掲載されています。カード利用している月と、返済についての情報が主になります。

具体的に注目したいのが、全く利用していない場合です。この評価についてはどうなるのかという事ですが、実は大きなプラスにはなりません。そもそも、クレジットカードには利用実績という言葉があるわけです。利用してなんぼです。
返済情報も重要
返済の記述ですが、予定された日に予定され額を返済しているとプラス評価です。しかし、1回でも滞納情報があると大きなマイナスになります。クレジットカードの作製に黄色信号がともると思ってください。

毎月情報を反映してくれるか

クレジットカード会社の方針にもよりますが、クレジットヒストリーの情報について毎月しっかりつけてくれるところと、つけてくれないところがあります。利用実績をしっかりとしたいなら、毎月掲載してくれるクレジットカード会社を利用するべきです。

 セゾンカード
 VIEWカード

上記のようなカードが毎月利用実績を掲載してくれることで有名です。ただ、最近では、ほとんどの業者が毎月情報を反映してくれるという情報もあります。ですので、あまりこの部分には気を使わないでも良いかもしれません。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ