電子マネーを有効活用!現金要らずの生活をしよう

クレジットカードのメリットは現金の持ち歩きが少なくなるという事です。さらに、電子マネーつきだと、ほとんど持ち歩かなくてもよいでしょう。

64

クレジットカードを使える加盟店というものも多いです。さらに電子マネーが使える店舗も多いです。いずれかは、必ず使えるといった感じにもなっています。飲食店や小売店でもクレジットカードが使えます。

さらに、エステティックサロンなどでも利用できますし、ホテルや旅館などといった宿泊施設でも使えるようになっています。まさに現金が要らない時代がやってきていると言えるでしょう。

電子マネー機能つきクレジットカード

いま最も生活を良いものにしてくれると評判なのが、電子マネー機能つきのクレジットカードになります。クレジットカード機能も使えますし、電子マネーの機能も使えるわけです。どちらかしか使えない店舗が現れても、カード1枚で対応できます。

自動チャージについて
電子マネーで一つ注意しなければいけないのがチャージしなければ使えないという事です。電子マネーは、いわゆる前払い式の機能を持っているわけです。しかし、事前にチャージしていないこともあるのでその時は困ってしまいます。

ただ、安心してください。クレジットカードについている電子マネーの場合には、自動チャージというものが実際にあるわけです。利用しようとした時に、チャージ金額が残っていなければ、自動的にクレジットカードからチャージされるというものです。特に手続きも必要ありません。

電子マネーの種類について

 Suica(スイカ)
 Edy(エディ)
 nanaco(ナナコ)
 WAON(ワオン)
 PASMO(パスモ)
 iD(アイディ)
 QUICPay(クイックペイ)
 Smart plus(スマートプラス)
 Visa Touch(ビサタッチ)

以上のような電子マネーの種類が存在しています。このほかにも探してみると見つかると思います。これらの中にはもちろんクレジットカードに機能としてついているものも多いです。どれが使いやすいか、という事もチェックしてみましょう。

 電子マネー機能付きクレジットカードの種類

 JALカードSuica
 iB(iD×QUICPay)
 JEWEL-G QUICPay
 イニシャルカード
 楽天カード
 イオンカード(WAON一体型)

以上のカードに電気マネー機能が付いています。ここには紹介しきれないほどの電子マネー機能付きカードが実際に存在しています。どれか使い勝手の良さそうなものがあれば、生活に役立ててみましょう。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ