家計管理の基本!今の家計を徹底分析して家計の状況を把握しよう

家計管理が上手くいかない人!何が原因だと思いますか?家計管理が上手くいかないのは、「今の家計をきちんと分析できていない」ことが原因です。
2.家計管理、基本の「キ」!今の家計を徹底分析する方法
現状を把握しないままあれこれ節約してみても、逆効果になることさえあるんです。家計管理のもっとも基本的な部分と言える、「今の家計を徹底分析する」方法を紹介したいと思います。

 

 1か月の収支を記録しよう
まず、1か月間だけで良いので家計簿をつけてみてください。もし難しければ、すべてのレシートをとっておくだけでもかまいません。レシートはヘタに分類せようとせず、袋か箱にごそっと入れてもらって大丈夫です。

1か月経ったら、銀行の通帳も記帳してください。ネットバンキングを利用している人は、取引履歴をプリントアウトしておいてくださいね。また、クレジットカードの利用履歴もプリントアウトしておきます。

 

 1か月の支出をまとめよう
次に、集めた膨大なデータを集計していきます。ノートに「食費」「日用品」「子ども関連費」など自分に必要な項目を書き出し、レシートを見ながら細かく金額を書いていきます。

ここでのポイントは「ムダ遣い」という項目を作ることです!食費でも洋服でもなんでも、「これはムダだったな」と思う出費があれば書き込んでいきます。すべて書き終えたらそれらの合計を各項目の下に書いておいてくださいね。

 

 1か月の収入と現在の資産状況を確認しよう
収入は、「手取りでいくらになっているか」を確認しましょう。お子さんがいる場合は児童手当なども収入になります。それから、銀行の通帳を見て現在の貯蓄額がいくらになっているのかも確認します。

 

 収支のバランスをチェックしよう
支出の風景で確認した「ムダ遣い」に関しては、今後なくすようにしましょう。そして、それ以外に、問題点がないかチェックします。

◎通信費が高すぎないか?
◎光熱費が高すぎないか?
◎生命保険が高すぎないか?

◎収入は足りているか?
◎収入を増やすことは可能か?

支出と収入それぞれについて、問題点を書き出し、改善できそうなところから具体的な改善策を考えていきましょう。

家計の状況を把握すれば余裕が生まれる
改めて家計の状況をチェックしてみると、問題点がはっきりとわかるようになります。やみくもに節約したり貯蓄を増やそうとするのではなく、現在の状況を把握して具体的に何をすべきなのかを考えるようにしましょう。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ