我が家は払いすぎ?知りたい!生命保険料の妥当な金額

生命保険の保険料は、いくらが妥当だと思いますか?「もしかして払いすぎているのでは?」と不安になる人も多いと思います。そこで、保険料はいくらぐらいが妥当なのかを考えてみましょう。
8.我が家は払いすぎ?生命保険料の相場が知りたい!

手取り収入の1割程度が相場?

よく言われるのは、「保険料は手取り収入の1割程度が目安」ということです。手取り30万円の人なら、保険料は3万円程度が良い、ということになります。

でも、これはあくまでも、家賃や食費など他の支払いを考慮した上で、健全な家計を維持するには保険料は1割に抑えるのが良い、ということです。「1割程度の保険料にすれば十分な保障が準備できる」という話ではないのです。

保険のタイプによって保険料は大きく変わる

ちなみに、手取り30万円程度の人で保険料は3万円というのは払いすぎの印象です。商品の組み合わせによっては1万円でもおつりが来ます。生命保険には保険料が高い貯蓄タイプと、保険料の安い掛け捨てタイプがあります。

すべて貯蓄タイプの保険にすれば保険料は跳ね上がりますし、すべて掛け捨てタイプの保険なら保険料はかなり安くなります。だから、「保険料は○円ぐらいが目安」というのはアテになりません。それよりも、もっと大切なことがあるのです。

必要な保障を考えよう

生命保険を選ぶときには、値段ではなく保障内容をみなければなりません。

「自分が病気になったときに十分な保障があるか?」
「死亡したときに、家族の生活は守れるか?」

ということを最優先にして保険を選びましょう。

必要な保障をしっかりと選んでも、保険料がバカ高くなることはありません。あまりに高い保険料になってしまうのは、間違った設計になっているからです。

 余計な特約がついていないか?
 貯蓄タイプの保険になっていないか?

以上の点をチェックしてみれば、問題点が分かるはずです。

ちなみに、貯蓄タイプの保険である学資保険は「保険料」として考えず、「貯蓄」として考えるようにします。必要な保障だけを掛け捨てタイプの保険で契約すれば、保険料が高くなることはまずありません。値段よりも保障内容を優先して選んでくださいね。

《保険料を節約したいなら…こちらの記事もオススメ》
保険料を節約したい!賢い生命保険の選び方


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ