税金対策!お小遣い稼ぎにも税金がかかる!?

お小遣い稼ぎも税金がかかります。その事を知った上でお小遣い稼ぎをすることが重要になるので、詳しく解説をさせていただきます。


44
ちなみに税金については、お小遣い稼ぎの節税対策にも役立つ「ネット収入における節税対策法」や、税金の控除について述べた「税金を節約しよう!主婦の税金控除の条件をまとめてみました」についてもチェックしていただきたいです。

税金というものは、全体的な知識が必要です。支払わなければいけない額だけでなく、税金をカットする方法なども重要になるわけです。全体的な知識があるいと、税金の時期が来ても怖くはありません。

ネット収入の確定申告について

お小遣い稼ぎは基本的にインターネットで行われるものが多いので、そちらについて述べさせてもらいます。まず、ネットP収入だからと言って確定申告をしなくて良いというわけではありません。しなければいけないと思ってください。

ただし、金額によってはしなくても良い場合があります。稼いだ額が関わってきますので、まずは、1月1日から12月31日までに稼いだネット収入も金額を計算できるように準備をしておきましょう。

 給与所得者の場合(サラリーマン・OL・バイトなど)・・・年間所得が20万円を超えている
 専業主婦や無職の場合・・・年間所得が38万円を超えている

以上の条件の時に、確定申告が必要になります。専業主婦の方は38万円が目安だと思ってください。それを超えていなければ、確定申告の必要はありません。働いている女性については20万円が目安です。

所得と経費の関係性

税金は所得に対してかかってくるわけですが、所得は収入から経費をマイナスした額になります。ですので、経費に注目しましょう。一部は「ネット収入における節税対策法」に掲載しましたが、もう少し詳しく記述します。

 通信費:インターネット接続料・プロバイダ利用料
 荷造運賃(ネットショップ運営者など):バイク便・運送費・梱包材・輸入、輸出手数料
 広告宣伝費(サイト運営者など):ホームページ保守料・名刺作製費・インターネット広告・ホームページ作成費
 交際費用(取引相手への接待):取引先との飲食代・取引先へ土産物
 取材費:取材旅行・取材店舗・取材商品代

以上のものが基本的に存在しています。特に本格的にお小遣い稼ぎをしようとしている方にとっては、上記の費用が経費に入るということは知っておきましょう。経費として所得をマイナスできれば税金をかなり圧縮できます。

知らないと損をする
経費のシステムは知らないと損をします。100万円の収入があったとしても専業主婦の方であれば、62万円の経費があれば税金がかかってきません。以上のシステムさえ知っていれば、年間に稼ぐ額を調節することもできるはずです。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ