ママ友の子どもの写真を撮るときに気を付けなければいけないこと

普段、子どもの写真を撮る人も多いと思います。デジカメでなくても、スマホのカメラでパシャパシャ撮ったりしますよね。
20.ママ友の子どもの写真を撮るときに気を付けなければいけないこと

ママ友の子どもを写真に撮るのは注意が必要

最近は、写真もネットで出回る時代です。中には良からぬサイトに転載されたりするケースもありますので、写真を撮られること自体に敏感になっている人もいます。

ですから、まだ付き合いが浅いママ友には「子どもの写真を撮るとき、○○ちゃんも一緒に撮っても大丈夫?」と一言添えると安心です。多くのママはそこまで神経質にはなっていませんが、とても気にする人もいるので一言言っておく方が安心ですよ。

勝手にネットにUPしない

facebookやtwitterに、他人の写真を勝手に載せてはいけません。前述のとおり、中には転載されてしまうようなこともあるのですから、十分に注意しましょう。これも人によって考え方は違います。

「facebookは限定公開にするならOK」という人もいれば、「限定公開でも載せないで欲しい」と考えている人もいますよね。また、「載せるなら子どもの顔は隠しておいてほしい」という人もいるので、安易に載せないようにしましょうね。

 ママ友の子どもの写真を撮ってあげた場合はメールやLINEで送るなどして他の人の目に触れないような配慮をするようにしましょう。

勝手にネットにUPされたときの対処法

いくら自分が気を付けていても、逆にママ友が他の子どもや自分の子どもの写真を撮ってネット上に載せてしまうようなこともあります。

その場合は、基本的には直接言ってみましょう。もちろん喧嘩ごしで言うのではなく、実際に転載されたりしている例を出しながら「だからうちはこういう方針なので、気を付けてほしい」とお願いしてみてください。
もし相手が聞き入れてくれない場合は、他のママ友にも相談してみて良いと思います。たいていは他のママ友も被害にあっていますし、学校や幼稚園などに相談しても良いでしょう。写真も個人情報の一つなので、安易に考えずにきちんと対策してくださいね。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ