赤ちゃん連れのママ友を招くときに配慮すべきこと

ママ友を家に招くこともあると思います。そういうときは必要以上にもてなす必要もありませんが、最低限の配慮はするようにしたいものですね。特に、赤ちゃん連れのママが来る場合はいろいろと大変なので、必要な準備はしておきましょう。
15.赤ちゃん連れのママ友を招くときに配慮すべきこと
※逆にこちらからママ友の家に遊びに行ったりする場合は、「ママ友の家で子どもが「やらかさない」ために気を付けること」の記事で紹介されている点に気をつけてみてください。

赤ちゃんが口に入れそうなものは片付けておく

子どもが赤ちゃんの頃には、誤飲しないために、こまごまとしたものは放置しないように気を付けていたと思いますが、子どもが成長するとそこまで気を使わなくなりますよね。でも、赤ちゃんが家に来るときにはきちんと片づけをしておくようにしましょう。

特に片づけておくべきもの
特に、危険なのは乾電池やタバコなど。他にもボタンや小さいオモチャなど、赤ちゃんの口に入るサイズのものは、徹底的に片づけておくようにしてくださいね。

授乳・オムツ替えスペースを想定しておく

人によっては、人前での授乳やオムツ替えに対して抵抗がないかもしれませんが、それは人によりますよね。いくら女性同士であっても授乳に抵抗がある人もいますし、オムツ替えに関してもあまり見せないようにしたいと思っている人もいます。

できれば、授乳やオムツ替えは別室でしてもらえるように準備しておくのが理想ですが、家の広さ的に難しい場合は室内の一角に見えにくいところをつくるのもおすすめです。また、ミルクが必要な場合はスムーズに湯冷ましが作れるように、キッチンを片づけておくのも忘れないようにしましょう。

赤ちゃんがくつろげるスペースを確保する

ママ友も、赤ちゃんを抱っこしっぱなしというのは疲れてしまいます。でも、家の中に赤ちゃんを寝かせる場所が無ければ、危険なので抱っこするしかありません。

 そのようなことがないように、赤ちゃんが寝られる程度の広さの布団や毛布を用意しておくと良いでしょう。と言っても赤ちゃんサイズの布団を常備している家はないと思いますので、子どもが使っている布団を持ってきて、上にキレイなバスタオルなどを置いてあげると良いと思いますよ。

自分の子どもが成長すると、赤ちゃんがいるときの苦労も忘れてしまいます。でも、子どもが赤ちゃんだったころのことを思い出しながら必要な準備をしてあげるとママ友にもよろこばれると思いますよ。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ