主婦の税金節約法

主婦の方で注目しなければいけないのが税金控除です。収入を得ている方は、必ずチェックしてほしいと思います。

主婦の方はアルバイトやパートをしている方も多いでしょう。その時に103万円や130万円と言った数字を聞いたことがあるでしょう。実は、それらの数字を超えるほどの収入を得てしまうと、税金の控除が受けられなくなってしまう事があります。

控除というものはかなり大きな存在になることもあります。主婦の方は特にそのことを念頭に置いたうえで仕事をされることがお勧めになります。控除が受けられなくならないためには、どうしたらいいのかをチェックしてみましょう。

配偶者特別控除について

結婚をすると主婦の方は、配偶者特別控除というもので所得について38万円から76万円までが控除されるというものがあります。いわゆる所得税がかからなくなります。

ただ、38万円から76万円という数字に少し違和感を覚えるはずです。「103万円」ではないのかという事です。実は、これにはからくりがありまして、基本的に最初から控除されている金額があります。それは65万円です。

 合わせて考える

ですので、65万円プラス38万円を合わせると103万円という数字になるわけです。少しでも税金を抑えたいと思うのでしたら、以上の数字を守って節税に取り組むべきです。

いろいろなものが無税に
ちなみに、103万円までは所得税以外もかからなくなります。その一つは住民税になります。実際に多くの税金を一気にカットできるわけなので。100万円を超える程度の収入を得ている主婦の方は、年末調整をしっかりと行いましょう。

130万円を超えると・・・

103万円の次に注目するものは130万円になります。103万円を超えて130万円を超えてしまうという方も多いと思います。しかし、130万円を超えると、健康保険と年金を自分で支払う事になります。ですので、130万円以下に抑えることも重要です。

健康保険と年金は、年間で30万円程度になるのでかなりの負担になります。140万円前後程度までの稼ぎしかない場合には、調節をして130万円以下に抑えることがおすすめです。

経費を多く計上する

ネット収入を得ている方は経費を多く計上して所得を抑える方法もおすすめです。そちらの方法については、「ネット収入における節税対策法」にて紹介させていただきましたので、そちらを参考にしてください。
31


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ