ママ友付き合いは最初が肝心!こんな人には注意しよう

子どもを児童館などに連れて行くようになると、ママ友ができ始めます。幼稚園に入ったり小学校に入ったりすると、一気にママ友が増えますよね。
mamatomo
でも、ママ友付き合いは始めがけっこう肝心です。ちょっと合わないママ友と付き合ってしまうと面倒くさいトラブルに巻き込まれてしまうようなこともあるので、しっかり見極めたいものですね。また、苦手なタイプのママ友とどうしても付き合わなければならない場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。

まったく自分とタイプが違う人

もし学生時代に同じクラスにいたとしたら、絶対に友達にならないだろうな、というぐらいタイプの違う人に話しかけられることもあります。そういう場合、付き合ってみて新しい交友関係が広がることもあるのですが、多くの場合は「やっぱり合わない……」と思うことの方が多いものです。

そういう人に話しかけられた場合は、始めから個人的に会ったり、頻繁にメールのやり取りをするのは避けるのがおすすめです。ある程度距離を置いたまま付き合いを続けて、様子を見ながら付き合っていく方が無難ではないでしょうか。

常識知らずな感じがする人

 はたから見ていても、たとえば子どもをチャイルドシートに乗せていないなど、あきらかに常識がなさそうな人と付き合うのは避けた方が良いです。仲の良い友達であれば注意してあげたいところですが、親しくない人の場合はスルーした方が賢明です。

良い噂を聞かない人

他のママ友からの情報はけっこう信用性は高いです。もちろん、噂話ですから必要以上に尾ひれがついていることもありますし事実と違うこともあるのですが、何人もの人が悪い情報を持っているような場合は、その人は要注意、ということになります。

たとえば「借りたモノを返してくれない」とか「毎日何回も電話してくる」とか、付き合うと面倒なことになりそう、という場合はあまり親しくせずに距離をとっておいた方が良いのではないでしょうか。

無理にママ友を増やす必要はない

ママ友というのは、良い付き合いができればとても楽しいことですし、学校に関する情報など有益な情報交換もできます。でも、ママ友は必ず必要なものというわけではないので、自分と合いそうな人や、役員の仕事などでどうしても交流しなければならない人とだけ付き合っていけば良いと思いますよ。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ