お風呂におけるガス代の節約

お風呂ではガス代金が非常に気になるところです。たくさんのお湯を使います。しかも、温めることもしますので、かなり大量に使います。節約というものを考えるべきです。


28

お風呂の節約術につきましては、水道代については「【お風呂で出来る節約術】お風呂の水道代を減らす方法」で述べさせていただきました。そちらも参考にしていただくと、お風呂全体で節約ができると思います。

ガス代金を究極的に節約する方法というものもあります。それはオール電化にすることです。太陽光発電を利用するとさらに効果的です。家でガスを一切使わなくなります。しかし、それは投資費用もかかりますので、それ以外の方法を考えてみましょう。

お風呂の水は少なめにする

お風呂の水が多いとそのオフを作るのにもたくさんのガスが使用されることになります。さらに、もう一度温める時などにもガスをたくさん使用することになるわけです。ですので、お風呂の水は少なめにして対処してください。

こちらの方法を採用すると、水道代の節約にもなります。水量の設定は自動で出来ると思いますので、そちらを活用して少なめに入れましょう。毎日続ければ、年間でもかなりの節約額になります。

温め返しを少なくする

家族がいる場合には、続けてお風呂に入るようにしましょう。お風呂に入る時に、家族で間が空いてしまうと、温め返しを行わなければいけません。その度にガスを使用してしまう事になります。結果的に家計に大きな負担となります。

連続入浴とふた
一方で、連続で入ってしまえば最初に温めただけで、家族全員が入ることが出来ます。また、浴槽には必ずふたをするようにしてください。温かさが逃げないようにするためにも、そういったちょっとしたことも大事になります。

夏場はシャワーのみ

冬場はお風呂に入らなければ体が冷え切ったままになります。しかし、夏場はお風呂に入ると暑くてしょうがないという方も少なくないでしょう。そういった方は、夏場はシャワーのみで済ませるのがお勧めになります。

シャワーだけなら、お風呂の温め返しも全く必要ありません。お湯の量も少なく済みます。夏限定の節約方法ですが、毎年行えばかなりの節約になることは間違いありません。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ