保険金が支払われない!?加入時に気をつけるべき「告知義務」

生命保険に加入する際に必要となるのが「告知」です。「告知義務」と言われ、自分の持病や既往症などについて、申告しなければならないのです。

告知するべき内容

保険会社によって、告知内容は異なりますし、同じ保険会社でも、商品によっても異なるものです。

告知する内容は、たとえば「3か月以内に病院にかかったことがありますか」「過去5年以内に入院や手術をしたことがありますか」というような質問です。契約時に「告知書」に記入し、その内容をもとに、保険会社が加入の可否を判断します。

告知をする意味

よく、「持病があっても加入できます!」というように宣伝している生命保険がありますよね。ということは、普通の生命保険は基本的には持病などがあると加入できない、ということです。すべての病気がダメというわけではなく、どのような病気がダメなのか、というのは保険会社によって異なります。

生命保険は、統計にもとづき、病気になる確率や死亡する確率を計算した上で、保険料の金額を設定しています。

でも、もし健康に問題がある人も加入してしまうと、その確率が上がってしまい赤字になってしまうので、一般的な生命保険では健康に問題がある人は加入できないようになっています。

 ちなみに、持病があっても加入できるような保険というのは、それだけリスクが高い人がふえるため、保険料も高くなっているんですよ。

正直に告知しないとどうなる?

「保険に入れないと困るから」とウソの申告をしたり、「もう治ってるし今は健康だから」と自己判断で申告をしなかったり、ということは絶対にいけません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生命保険は、契約時に審査をした上で加入の可否を判断しますが、その後入院したりして給付金・保険金を請求する際にも再び審査がおこなわれます。このとき、虚偽の告知があったことが判明すると給付金・保険金は支払われません。
それどころか、契約が無効になることもありますから、仮にバレずに契約できたとしても、結果的には何の意味もなくなってしまいます。告知すべきかどうかわからないことがある場合は、契約時に担当者に聞き、指示を仰ぐようにしてくださいね。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ