子どもの教育資金は大丈夫?学資保険の考え方

学資保険は、子どもの教育資金を計画的に準備する上ではとても心強いものです。
1.子どもの教育資金は大丈夫?学資保険の考え方
でも、適当に選んでしまうと損をしてしまうこともあるので、学資保険に加入する目的を明確にした上で、ニーズに合った商品を選ぶようにしましょう!

学資保険が持っている機能

学資保険は、教育資金を貯めるだけではありません。

 子どもの医療保障
入院や手術をした際に給付金が受け取れる

 親の死亡保障
契約者が万が一死亡してしまった場合、「育英年金」が受け取れる

このような機能があります。いずれも「特約」として付加できる機能ですが、その分保険料もあがりますから、単純に「教育資金を貯めたい」という目的であれば必要ありません。

子どもの医療費は、ほとんどの自治体で無料などの制度がありますから、あえて保険に加入する必要がない場合が多く、加入するにしても県民共済などの方がおすすめです。

親の死亡保障に関しては、親自身の生命保険で備えた方が効率的です。

保険金を受け取るタイミング

子どもの教育費でもっとも出費がかさむのは、大学進学時です。ですから、子どもが18歳(早生まれなら17歳)のときにまとまったお金が受け取れる保険を選ぶべきです。中には、22歳満期のものもありますが、基本的にはおすすめしません。

また、中学校入学時や高校入学時にもお祝い金が受け取れるタイプもあり、こちらは使わなくても据置にしておくこともできますから、その時点で判断できるのが良いですね。

学資保険の返戻率

返戻率とは、「支払った保険料に対していくら戻ってくるか」という割合です。返戻率が高いほど得になりますので、複数の保険会社の学資保険を比較して選ぶようにしてくださいね。

契約年齢や満期のタイミングに注意
返戻率は契約年齢や満期のタイミングによっても変わります。パンフレットに載っているモデルプランでは返戻率が高くても、実際には違う場合も多いです。必ず自分と子どもの生年月日でプランを作ってもらった上で比較しましょう。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ