お風呂の水道代をカットしよう

水道金に大きく関わるのがお風呂です。お風呂の水を節約できれば、水道代金を大きく減らせるはずですのでその方法を考察してみましょう。

お風呂の水道代金ですが、特に注目していただきたいのが1回当たりの量が多いという事です。ですので、基本なものとして、毎日水を入れかえるのはやめましょう。2日に1回程度がお勧めです。家族が少ないのであれば3日に1回程度でも十分に対応できるはずです。

一緒に入る

25

お子さんがいるご家庭限定になると思うのですが、一緒に入ってしまうのもおすすめです。一緒に入ることで、一緒に入ることでお風呂に入れる水がかなり少なく済みます。お子さんの体重分の水をカットできるという考え方もできるわけです。

しかし、お子さんが小学校低学年くらいまででしょうか。それ移行は一緒に入ることは出来ませんので、時間限定的のお風呂の節約法違法になります。ちなみにこちらの方法を採用できれば、ガス代金の節約にもなります。

節水グッズを利用する

シャワーにも工夫を!
お風呂場では、シャワーも使用すると思います。そのシャワーの水も大きな存在になります。シャワーのヘッドですが、実は節水グッズがあります。そちらを利用すると、少ない水量でしっかりとした水圧になるケースもあるので注目していただければと思います。

節水系のシャワーヘッドですが、それほどおきな値段はしません。気軽に導入できるはずなので安心してください。ホームセンターなどに行けば取り扱っていると思います。安いものでもある程度の機能を発揮してくれます。

リフォームに注目

お風呂場については、かなり早めにリフォームの時期がやってくると思います。その時に、浴槽を取換えましょう。かなりお金がかかる方法ですが、節水型の浴槽があります。そちらを利用することで日常から水の節約ができるようになるわけです。

節水型浴槽を使っても、特に狭いと感じるような事はないはずです。一般的な浴槽とほとんど変わりません。狭さも感じないはずです。うまく設計されていますので、その点は安心してください。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ