豚こまで作る時短料理3パターン

常備しておくと便利な肉の一つ、豚こま肉。でも、いつも炒め物になってしまう、という人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は豚こま肉を使った時短料理を3パターン紹介したいと思います。

みそ汁をバージョンアップして豚汁に

 豚肉などの肉類は主菜として使うことが多いものですが、主菜以外にもどんどん使っていきましょう。豚汁は、いつものみそ汁に入れるだけなのでとても簡単です。
12.豚こまで作る時短料理3パターン
本当に時間がないときの時短料理にするなら、カット野菜の中には「豚汁セット」とも言えるようなものが売っていますので、かっと野菜と豚こま肉を茹でて、味噌を溶き入れるだけで豚汁にすることも可能です。

豚こま肉と白菜の重ね蒸し

 仕込みが面倒くさいと思われがちですが、それさえ済めばあとはレンジ加熱するだけの料理です。

【1】ガラス製などの耐熱ボウルを準備します。

【2】白菜をボウルの底面と側面に敷いていきます。

【3】豚肉を広げて底面から並べて、塩コショウをします。

【4】その上に白菜を敷き、さらに豚肉を並べ、塩コショウする、という手順を繰り返します。

【5】ボウルがいっぱいになるまで重ねたら、ふんわりとラップをかけてレンジで加熱します。

【6】電子レンジで7~8分加熱すれば完成です。

【7】盛り付けは、お皿にボウルを返せばドーム型のケーキのようになります。ナイフで切り分けて食べます。

※味つけは塩コショウだけで十分に食材の旨みがでますが、お好みで顆粒だしをプラスしても良いでしょう。

肉巻野菜

 野菜の肉巻は手間がかかりますが、切る必要のない野菜を使えばすぐにできます。

◎いんげん
◎もやし
◎えのき

こういった手間のかからない食材を豚こま肉で巻くだけ。そして、フライパンで焼くのもおいしいですが、レンジで加熱すればその間は放ったらかしにできるので副菜や汁物を作っているあいだに完成します。

 巻く際には、火が通りやすいようにしっかりと豚こま肉を広げて薄く巻くといいですよ。レンジに入れる際には肉汁が飛び散らないように、ラップをかけて加熱するようにしましょう。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ