トイレでの節約法

トイレは1日に何度も使用します。家族が多ければ多いほど使用頻度も多くなります。その度に多くの水が諸費されています。その水道代金を節約する方法をお教えします。


24
まず、新型のトイレと旧型のトイレについてチェックしてみましょう。実は新型と旧型では水の使用量が違います。水につきましては、新型のほうが圧倒的に節水になっています。ですので、基本的な節約方法として、トイレを新しいものに変えるという方法がお勧めです。

ただし、新しいものでもかなりの水を使っていることは事実です。ですので、新型のトイレであったとしても、その上で節水方法を考えるのがお勧めになります。ちなみに新型トイレの水の使用量についての一例を掲載しておきます。

 新型タイプのトイレの水の使用量
 小:6リットル
 大:8リットル

「小」を活用する

小を有効活用!
新型トイレのみで使える方法になりますが、トイレで大をした時にも「小」で流すという方法があります。小でも流れるのか、と不安になる方もいると思いますが、その心配は全くありません。新型トイレは水量が少なくなりましたが、パワーがあります。

前記したもので見ると、1回当たり2リットルも違う事がよく分かるわけです。よほど大きなもの以外は、なるべく小を活用して水道代金を節約すべきです。家族が3人なら1日6リットルほど節約出来る可能性があるわけです。

タンクにペットボトル

昔からある方法ですが、トイレのタンクにペットボトルを入れます。500ミリリットルタイプのものに水を入れておけば1回あたり500ミリリットルの節約になります。

1日10回ほどトイレを使うご家庭なら、1日で5リットルも節約できることになります。ただ、トイレつまりが発生すると意味がありませんので、もしも水量が弱まるようであれば、こちらの方法は避けてください。

お風呂の水を使う

お風呂には残り湯というものがあると思います。そちらをタンクに入れるようにしてください。入れた分だけ水が節約できることになります。ただ、仮に毛などが入っていると詰まりを起こすかもしれません。不純物が入らないようにして利用しましょう。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ