常備菜「ザワークラウト」で、簡単ドイツ風プレート

ザワークラウト、好きな人もけっこういますよね。ドイツの郷土料理ですが、日本でも大きめのスーパーに行くと売っています。
6.常備菜「ザワークラウト」で、簡単ドイツ風プレート
ただ、ザワークラウトは買う場合も手作りする場合もけっこうな量になりますし、途中で味に飽きてしまうことも。漬物の一種とは言え長期保存はできないので、開封後(手作りの場合は完成後)2週間程度で使い切るようにしましょう。

ここでは、ザワークラウトを煮てドイツ風プレートを作ってみましょう。なお、ザワークラウト自体を手作りしたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

材料(2人分)

ザワークラウト……おたま2杯分程度(お好みで)
ソーセージ…………6本程度(お好みで)
じゃがいも…………大2個
バター………………大さじ2
牛乳…………………大さじ2
塩コショウ…………少々

作り方

【1】マッシュポテトを作ります。じゃがいもを水洗いして、水から茹でます。

 

【2】串がすっと通るぐらいになったらじゃがいもの皮を剥いてマッシュします。

 

【3】(2)にバター、牛乳を加えて全体的に混ぜ、塩コショウで味を整えて完成です。

 

【4】フライパンにソーセージとザワークラウトを入れて、火にかけてフタをします。

 

【5】ザワークラウトの汁が沸騰してきたら弱火にして、5分ほど蒸し焼きにします。

 

【6】お皿にザワークラウト、ソーセージ、マッシュポテトを盛り付けて完成

ポイント

 じゃがいもの皮を剥きやすくする方法があります。
(1)水洗いしたじゃがいもの周囲にぐるりと包丁で切れ目を入れる。

(2)茹でたあと、じゃがいもをすぐに冷水にさらす。

(3)両サイドを指の腹で押さえてひっぱると、するっと皮が剥けます。

 

 マッシュポテトは、あればサワークリームや生クリームを入れるとコクが増します。

簡単な夕食ならそのまま食べられます。主食が欲しい場合はパン(できればドイツパン)があると良いですね。ソーセージは焼くと上手く焼けないこともありますが、ザワークラウトと一緒に蒸し焼きにすれば料理慣れしていない人でも失敗することはありません。ぜひ試してみてくださいね!

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ