ほとんど放ったらかしでOK!お手軽照り焼きチキン

皆さんは、照り焼きチキンをどのように作っていますか?タレに漬け込んで、オーブンで焼いたりフライパンで焼いたりしているのではないでしょうか?
1.ほとんど放ったらかしでOK!お手軽照り焼きチキン
ただ、一般的に照り焼きと呼ばれる料理はフライパンの前に張りついておかないといけない場合が多く、時間もかかりますし、手間もかかります。ちょっと面倒くさくてあまり作りたくないという人も多いのではないかと思います。ここでは、「焼く」のではなく「煮る」ことで簡単に照り焼きチキンを作る方法を紹介します!

 

■材料

鶏もも肉……2枚
醤油…………100ml
酢……………100ml
砂糖…………60ml
 

■作り方

【1】鶏もも肉を並べて入れられるぐらいの鍋に、醤油・酢・砂糖を入れる

 

【2】鶏もも肉を、皮の方を下にして並べて入れる

 

【3】強火にかけて、沸騰したら弱火にする

 

【4】10分経ったら裏返す

 

【5】再び裏返して、火を強めてタレを3分ほど煮詰めたら完成

 

■ポイント

 ちょうど良い鍋が無い場合は、小さめのフライパンを使ってもちょうど良いです。

 

 完成後は、スライスして食べるとおいしいです。

 

 一般的な照り焼きチキンよりもふっくらと柔らかく仕上がるので、子どもでも食べやすいです。

 

 鶏むね肉で作ってもさっぱりとした仕上がりになっておいしいです。

 

 火が強いと焦げ付いてしまうこともあるので、火加減には注意しましょう。一度コツをつかめば、ほとんど放ったらかしにしていても簡単に作れますよ。

 

■応用

 温かいごはんの上に千切りキャベツを乗せて、その上にスライスした照り焼きチキンを乗せると丼にもなります。お子さんの場合は、スライスではなくサイコロ状に切ってあげるとより食べやすくなります。

 

 冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにも。

 

 サンドイッチにも合います。

 

照り焼きチキンは多めに作っておけば数日間使いまわしがきくので、作るときは鍋もしくはフライパンにぎっしり詰まるほどの量をまとめて作っておくのがおすすめですよ。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ