失敗する前に改めよう!家計が火の車にならないためのママ友選び!

ママ友との熱心な付き合いのせいで、夫だけの給料では足りずに、消費者金融や闇金に手を出してしまう主婦がいます。自己破産やお金のストレスを感じないためにも、時には付き合うママ友も選ばなければいけません。

30

何故、ママ友との付き合いのせいで借金を作るのか

月に1度、自宅で食事会やパーティーをしたり、支援センターや幼稚園でおしゃべりをするだけでは借金はできません。

それでは、どのような行動が借金に結びつくのでしょうか。

例えば…

≪Sさんの場合≫

夫の給料で生活をするのが精一杯のSさん。子供の習い事の費用を毎月2万円支払うのでギリギリです。しかし、子供のつながりで仲良くなったKさんやIさんは大きな家に住み、自身もパートをしているので金銭的にも余裕がありそうです。

そんな彼女たちと毎週のようにランチや夜の飲み会に行くのですが、交際費が追い付かず、夫に内緒で消費者金融からキャッシング…。

子供や自分の洋服にも気を配らなければならず、どんどん借入が増えていきます。今は毎月の返済2万円ですが、このような付き合いを続けていると、返済不可能になってしまいます。

≪Aさんの場合≫

仲の良いママ友4人グループで月に1~2度集まり、ランチやディナーを楽しんでいたAさん。「交際費もちょうどいい」と思っていた頃、誰かが「皆で旅行に行こう!」と言いだしました。「たまにはいいか」と参加しました。

しかし、それを機に金遣いの感覚がずれてきました。『皆でお揃いの○○を購入』、『次は○○へ旅行しよう』、『皆でこのお稽古をしよう』など、何かにつけてお金が飛んでいくようになりました。消費者金融で借入を続けて、総額200万円にもなります。

このように、ママ友同士の付き合いのなかで、気付かないうちに借金が増えていくという人はたくさんいます。

30-2

ママ友と上手に付き合うためのお金の使い方

 ママ友との交際費は前もって決めておく

生活費や子供の教育費、貯蓄などで余ったお金をママ友との交際費に当てるようにしましょう。予算が決まると、ランチに行ける回数も決まってきます。

 断る勇気も必要!

毎月の交際費をオーバーしそうなときは、勇気をもって「今回は遠慮しておく」と断りましょう。それでママ友グループの関係が悪くなったら、所詮そこまでの仲だったということです。

 金銭感覚が同じレベルのママ友を作ろう!

ママ友との交際費で苦労しないためには、最初からリッチそうなママ友とは深い仲にならないことをおススメします。家や土地の大きさ、車、着ている洋服、アクセサリー、パートをしているかなどで判断すると分かりやすいです。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ