知っておくべきネット収入の節税方法

インターネットでお小遣いを稼いでいる主婦の方はかなり多いです。しかし、注意しなければいけないのが税金になります。お金を稼いだら税金がかかるわけです。


21

インターネットでお小遣いを稼ぐ方法は様々あります。いくつか紹介させていただきますので、その中で興味があるものがありましたら、個別に調べてみても良いかもしれません。そして実践してみることもおすすめします。

 お小遣いサイト(ポイントサイト)
 アンケートサイト
 ブログライター
 アフィリエイト(物販など)

以上のようなものがインターネットで収入を得る方法になります。たくさんの種類がありますので、その中でも自分が利用しやすいものを選択してください。ただ、ネットの流れは早いです。昨日まで稼ぎやすかったものが、今日は稼ぎにくくなるという事もあります。

ネット収入と確定申告

まず、必ず把握してほしいのがネット収入というものであっても、確定申告は行わなければいけないという事です。ただ、確定申告が必ず必要になる場合と、そうではない状況もあります。以下に解説します。

 給与所得がある方・・・年間所得が20万円を超える場合
 専業主婦や無職の方・・・年間所得が38万円を超える場合

税金がかかる!
以上のようなケースに確定申告が必要になり、税金を支払う必要が出てくるわけです。以上の点は覚えておくべきです。税金を支払いたくない場合には、上記の金額以下に抑えるよういに努力しましょう。

節税対策法

経費をしっかりと計上することが最も大切な事になります。そもそも、所得というものは、「ネット収入-経費」で導き出されるものになります。経費をしっかりと入れられれば、税金を大きく抑えることもできるわけです。

 経費として認められるもの

まずネットを使うのでパソコンがあります。さらに、電気代金の一部や家賃の一部といったものも認められます。基本的に、ネット収入を得るためにかかった費用は経費に含めることが出来ます。

ちなみにパソコンについては少し複雑な考え方が必要です。10万円未満のパソコンの場合は全額購入した年の経費となります。一方で10万円以上のパソコンは4年で減価償却をしますので、その点は覚えておきましょう。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ