意外と簡単に作れちゃうけど、注意して見つけたい!ママ友の作り方を紹介

妊娠中からうっすらその存在を意識する人も多いのではないでしょうか。子供ができると、育児や家事などの悩みが増え、相談相手や遊び相手が欲しくなります。そんなママ友をどうやって作ればいいのか分からない人のために、いくつかの手段をご紹介します。

26

はじめてママのための、ママ友の作り方

 ステップ1)どのような場で見つけるか

●インターネットを通じて見つける方法●

インターネット社会の今、ママ友を見つけるのもスマホやパソコンで可能になりました。ママ専用のコミュニティサイトやブログ、掲示板、SNSなどで書き込みやメールを送り、まずはネット上でママ友を見つけます。子供や自分と年齢が近かったり、趣味や気が合った人たち同士で、ランチやママ友会に参加すると簡単にママ友が見つかるでしょう。

●地域の子育てコミュニティ広場に出向く方法●

妊娠中はマタニティ教室や母親教室、産後赤ちゃんが外出できるようになったら児童館やベビーマッサージ教室、地域の育児サークルなどがおススメです。地域のイベントで出会うママ友なら、地域の情報を共有できたり、悩み相談もしやすいというメリットがあります。

 ステップ2)どのような人とママ友になるのか

ママ友と一言でいっても、それぞれ育った環境や習慣、性格が異なり「合う・合わない」があります。長く良い付き合いを望むなら、気の合うママ友を見つけるようにしたいものです。『ママ友に何を求めるのか』によってママ友の見つけ方も変わってくるでしょう。

以下のポイントを参考にして、自分なりに考えてみましょう。
 悪口を言わない人
 他人の嫌がることを言わない、しない人
 常識をわきまえている人
 子供の育児・教育方針が似ている人
 ママ同士の趣味が似ている人
 会話が弾む人…等々

価値観や生活スタイルが全く異なるママ友と深い付き合いをすると、逆にストレスとなって後々後悔するかもしれません。ママ友も少しは選んだほうがいい、ということを頭の片隅に入れておきましょう。

ママ友がいないといけないの!?

『ママ友がいないと子育てに影響する』ということは一切ありません。最近では、子育てのストレスや悩み、情報も相談できる機関が多く、安心して子育てもできます。ママ友を作ることに抵抗がある人は、無理に作る必要もないようですね。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ