上手に食費を使うと、へそくりのお金が増えるかも!?料理で食費を抑える方法

「あれも、これも」と、毎回のように余分な買い物をして、毎月の食費の予算を1~2万円もオーバーすることってありませんか?食費を予算内でやりくりするためには、買い物上手であるとともに、料理上手でもある必要があるでしょう。

22

食費は一生必ず必要なコスト!

人が生きていくためには、食事をしなくてはいけません。それは、どんな人にも共通することです。そのため、食費をゼロにすることはできません。しかし、少しずつ抑えていくことで、一生通して大きく節約することができます。

料理上手は食費を抑える達人!

冷蔵庫の在庫チェックやチェックリストを作ったりはもちろん、最安値のスーパーで買い物をするなど、買い物を行う時に注意できる食費節約ポイントはたくさんあります。消費税が上がっても安心!スーパーで損をしないための買い物法でも紹介しています。

買い物上手は節約上手です。また、料理上手も節約上手だといえます。
その理由は以下のような内容が挙げられます。

1)食材を無駄なく使いきることができる

冷蔵庫の残った食材をかき集めて、簡単に創作料理を作ることができます。チャーハンや焼きそばなど、名前のつく料理ではなくても、美味しい料理が作れる人こそ、料理上手さんといえます。食材を無駄にすることないため、買い物に行くペースも週に1度でも十分なのでしょう。

2)○○の素を使わず美味しい料理を作ることができる

「チャーハンの素」「おでんの素」「マーボ豆腐の素」「グラタンの素」…など、食材に混ぜ合わせるだけで簡単に料理が完成する万能アイテムがあります。しかし、そのような「素」は少し割高。家にある調味料で味付けしたほうが断然安く作ることができるでしょう。

 料理上手さんなら、洋食や中華など難しい料理でも「素」を使わずに簡単に作ることができます。知らず知らずのうちに、料理上手さんは食費を抑えているのです。

3)料理が楽しいと外食も減る!

「料理が趣味です!」という人は、料理のレパートリーも多く、献立に困る日がありません。そのため、外食の機会や惣菜で誤魔化す料理は一切作りません。外食費が減ると毎月の食費も大幅に減らすことができるでしょう。

買い物上手であるとともに料理上手である…という人は、最も食費を抑える達人だといえるでしょう。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ