お金をかける習い事だから失敗したくない!料理教室選びで困らない秘訣とは!?

プロの料理家や飲食店の料理長などが開催する料理教室。このようなレッスンや習い事に通う人も珍しくありません。料理教室に通うメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

19

料理教室に通うメリットは以下のようにいくつも挙げられます。
 料理の基本を学べる
 料理に対する意欲が増す
 料理上手になれる
 一般的な味付けを習得できる
 料理のレパートリーを増やせる
 自分の店を出すための修行になる

このように挙げればキリがありません。しかし、このようなメリットを得るためには正しい料理教室選びを行う必要があります。

 ここで、何も考えずに料理教室を安易に決めてしまうとかえってお金の無駄遣いで終わってしまう可能性があります。

料理教室を選ぶ前に、「料理教室に何を求めるか」を再確認する

料理教室と一言でいうと簡単ですが、内容はもっと細かく分かれています。『初心者向け』、『女子力アップ』、『定番料理』、『エスニック料理』、『冷蔵庫の残り物で作る…』、『上級者向け』など様々です。求めている内容と異なる料理教室に申し込みをしてしまわないように注意しなければいけません。
●自分の料理レベルと目標を把握する●

「定番料理は作れる」、「お米のとぎ方すら分からない」、「イタリアンを作ってみたい」、「自分の店を出すためのレパートリーを増やしたい」、「結婚生活に向けて家庭料理を習得したい」などを検討してみましょう。その時、まずは自分が料理がどのレベルまでできるのかを理解したうえで目標を決めるようにしましょう。

「炒め物しか作れない」というレベルの人が、「フレンチをマスターしたい!」という目標を持って料理教室に通っても、内容についていけず、結局何も得られないなんてこともあり得ます。自分の現レベルより少し上のレベルに上がれるような料理教室を選ぶと満足度は高くなるでしょう。
●申し込みの前に体験レッスンを受講してみる●

どのような習いごとでも同じことがいえます。レッスン中の雰囲気や先生の人柄や教え方、他の生徒さんと仲良くなれそうか…などを、体験レッスンで確認しましょう。

 その料理教室の形式がマンツーマンなのか、グループなのか、デモンストレーションスタイルなのかでも、学びやすさが変わってきます。自分に合いそうな形式の料理教室を探すと料理の腕も一段と上がるでしょう。

料理教室で教えてもらう内容だけでなく、環境や楽しさなども求めるようにすると、より充実した時間を過ごすことができるでしょう。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ